圧力鍋でカレーを作った専業主夫しばごです。
お気に入りのパール金属の圧力鍋は、しばごの愛用品であります。
専業主夫のメインの仕事の一つは料理ですけど、私は料理が好きなんですわ。ブログではあまり料理ネタを出していませんけどね。
なお、座右の銘は「空腹は最大の調味料」です。

日経トレンディの2018年のヒット商品番付の6位には、UMAMI家電というのが入っています。
UMAMI家電とは、旨みを逃がさない低温調理家電のことです。料理には火加減は重要ではありますが、低温調理の家電がヒットするのかと今のところ思いません。
ヒット商品番付にノミネートされていて大ヒットした商品も多いけど、ヒットしなかった商品も少なくありません。



UMAMI家電は、値段が高くて価値が低いと思われる。

過去には、スマートフォンとか携帯電話とかたまごっちとかポケモンGoとかスーパードライとかユニクロとか、プリウスとか一番搾りとか、さまざまなヒット商品が日経トレンディのランキングに入りました。でも、調理家電はなかなか難しいですよね。
水蒸気で焼くシャープのヘルシオとか、象印の炊飯器とか、コーヒーメーカーなどがありましたが、このUMAMI家電は、なかなか難しいと思うのですよ。
低温調理でじっくりと肉を焼く専門店も出てきていますけど、あれは美味しいのか?
アメリカのAnovaは、温度センサーで管理して低温調理するヒーターで、スマホと連携して肉のうまみが逃げないように熱を加えていくようです。


Anova Culinary 水温制御クッカー/サーキュレーター 【Bluetooth】 スマホと連動して水の温度をコントロール 並行輸入品
Anova Culinary 水温制御クッカー/サーキュレーター 【Bluetooth】 スマホと連動して水の温度をコントロール 並行輸入品

これがAnovaです。
ブルートゥース付きなんですね。弱火でじっくりと肉を焼け!って思ってしまわなくもないけど、20000円前後の価格帯だとしても、我が家には必要ないような気がしています。低温調理を否定するつもりはありませんが、ローストビーフ的なものを食べる習慣もないですしね。

それよりは、これからのシーズンは、鶏のモモ肉に塩をたくさんつけて1週間干しておいて、それを焼くと超おいしいですよ。低温調理ではありませんが。
業務スーパーの鶏肉が、ケンタッキーフライドチキンの味になります。本当です。
是非、やってみてくださいね、おすすめです。

UMAMI家電は、日本の貝印などのメーカーも参入していき、肉食シニアや料理男子といったターゲットを攻めていくようです。
専業主夫は、あまり魅力に感じませんでしたよ。

【グランプリ受賞記念キャンペーン特典付き!】サンセイア SANSAIRE スーヴィードシェフSA15jp【Sous Vide,恒温調理器,真空調理法,低温調理法,スロークッキング,ローストビーフにもおすすめ,真空パック調理】【送料無料】【動画】
【グランプリ受賞記念キャンペーン特典付き!】サンセイア SANSAIRE スーヴィードシェフSA15jp【Sous Vide,恒温調理器,真空調理法,低温調理法,スロークッキング,ローストビーフにもおすすめ,真空パック調理】【送料無料】【動画】
これも、日経トレンディのUMAMI家電として紹介されていました。
ローストビーフ、年に1回食べればいいところですけど、いや、家庭で作ったことは無いかもしれません。
ローストビーフは、鎌倉山で食べるのがいいですわ。

ちょっと未知数なヒット予想番付だな、UMAMI家電は。
これで、大ヒットしたら日経トレンディさんはすごいね!

一般家庭にUMAMI家電が入り込むスペースがあるのか?
自宅のホームベーカーリーは邪魔になっているぞ。

炊飯器などで代用できるかも。
圧力鍋でも代用できるかも。強すぎますかね?

ほったらかし調理でそんなに美味しくなるとは思わないのだが・・・。




圧力鍋は家庭に浸透しましたが、Anovaとかは難しいと予想!