今日はプロ野球のドラフト会議の日。2017年にはどんなドラマが待っているのか楽しみに、TBSの中継を見ていました。
ドラフトの日は、「ドラフト特番 お母さんありがとう 夢を追う親子の人生ドキュメント」があるので、楽しみです。

注目する選手はたくさんいましたけど、いい選手がいっぱいいるので、ドキドキしました。


巨人1位・鍬原拓也(中央大学)、貧困生活で家賃4000円生活。

巨人は、清宮と村上(九州学院)をはずした後に、中央大学の鍬原拓也投手を指名しました。
プロ入りは確実だと思いましたけど、貧困枠でのTBSお母さんありがとうに出演、おめでとうございます。
中央大学は澤村拓一の母校。ドラフト1位のピッチャーと言う事で、なぜか大阪桐蔭からドラ1で入団した辻内を思い出してしまいましたけど、お金の使い方だけはしっかりしてほしいです。
ご家族に借金とかは無いと思いますけど、契約金が1億5000万円だったら、6000万円くらい税金で持っていかれるかもしれません。
その分は、プロ野球で成功して稼げ!

奈良県の田舎育ちの鍬原拓也投手。両親は離婚して、お母さんの鍬原佐代子さんとと妹の鍬原愛奈ちゃんと焼肉丼を食べて生活していたらしいです。(なお、今、愛奈さんは大阪で舞台女優をやっている美人さんです)
パートで稼いで子どもを育てるお母さん、泣けるね。中居君はそろそろ泣いているかな。北斗晶は泣いていると思います。
子どもの散髪は、お母さんがやっていたらしいですね。泣けるわ~。


お母さんに、契約金で美容院に行かせてあげてほしいと思ってしまいました。

お金がない幸せを知っている投手は、伸びるよ。高橋監督にはわからないだろうな。
離婚したお父さんは、息子のドラフト1位をどんな思いで見ているんだろうか。
お母さんとのキャッチボールで涙腺崩壊。
プロ野球選手になれて良かったね、鍬原拓也。
お金を稼ぐピッチャーになって欲しいと思います。

息子の野球の遠征費を、近所の家に寄付してもらったというお母さん。
きっと、鍬原拓也は活躍して、困っている人に寄付するようになると思う。
こんなハングリー精神を持った選手が巨人には必要だし、TBSのドラフト特番に必要だ。

紫色のグローブで、北斗晶が泣いていました。親孝行をするという目標をもってやってきた拓也少年。泣けるわね。家族への手紙は泣けちゃうよね。



九州共立大の望月涼太の家庭崩壊で出演。

九州共立大学の望月涼太も、プロ入りが期待された選手。お父さんの望月良伸さんが熱心に息子を指導するも、会社の金を持ち逃げされて家庭崩壊・家族が崩壊している様子が紹介されました。
母親の望月友子さんの再現ドラマの女優も「無いのよ!お金が無いのよ!」と迫真の演技。
でも、プロ入りは厳しいみたいです。
奨学金で名門の九州共立大に進学して、ドラフト候補になったけど・・・

育成ドラフトでも指名はありませんでした。
切なすぎる。
TBS、残酷すぎるぜ。社会人野球で頑張るのかな・・・。
九州には、鮮ど市場ゴールデンラークスも西部ガスも九州三菱自動車も沖縄電力も宮崎梅田学園もあるぞ!

九州共立大の寮からの生中継は、悲しすぎました。言葉にならない望月涼太選手。社会人野球チームからのオファーは全て断っていたらしい・・・。
不器用なところは、父親譲りなのか?悔しい思いはあると思うけど、同じ境遇だった古田敦也が温かい言葉を掛ける。
ご家族のところにも中継が入っていて、妹の望月里緒菜さんの表情が暗すぎる・・・。お母さんの望月友子さんはショックで寝られないよ。
うつ病の人みたいになってるよ。人生は、これで終わりじゃないぞ。
衆議院議員選挙で落選した事務所よりも暗い雰囲気だぞ・・・。



西武5位に與座海人(沖縄尚学‐岐阜経済大)

岐阜経済大という無名の大学ながらも全国の舞台も経験したアンダースローの與座海人。まさに沖縄人の名前ですが、西武ライオンズ5位指名でした。おめでとうございます。
でも、プロ入りがゴールではなくスタートなのです。
西武には、牧田とか松沼兄やんとか、素晴らしいアンダースローのピッチャーが似合います。
岐阜経済大初のプロ野球選手として、頑張ってもらいたいものです。


大学選手権での好投は話題になりましたね。


埼玉西武はしっかり育ててくれると思いますけど、大学生ですから、早い時期に出てくるかもね。
登録名が、気になるん。「うみんちゅ」でいいんちゃう?
コントロールも変化球もいいサブマリンって、いいね。


グラデ海人 Tシャツ ブラック/ピンク(大人用)
グラデ海人 Tシャツ ブラック/ピンク(大人用)

バイク事故で死亡してしまった中野宏紀投手との思い出話で号泣してしまいました。
実家で全国大会でのウイニングボールが飾ってあるんですね。
中野投手のお母さんとお父さんにも感謝の気持ちを忘れない與座投手。西武ライオンズでも頑張ってほしいですね。
古田からは「誰かのために頑張るというのは大事なこと」だとコメントがありました。
帽子には、中野投手のことを書いて、プロで頑張るそうです。おめでとう!


【追記】
TBSのドラフト特番「お母さんありがとう」には、広陵高校の中村、早稲田実業の清宮の中継がありました。
そして、中央大の鍬原拓也、九州共立大の望月涼太、岐阜経済大学の與座海人、三田松聖の紫外線アレルギーの増富宏樹、柳ヶ浦の田中瑛斗が登場しました。
田中瑛斗くんの両親が一緒に暮らせるようになるといいね。お母さんは中井美穂に似ていました。
ドラフト指名された選手それぞれのこれまでの頑張りに涙です。特に與座海人。
それにしても、望月涼太選手のプロ入り指名なしは悲しかったな。




なお、星槎国際湘南高校の本田仁海投手は、オリックス5位!

星槎国際湘南の本田投手も、注目されていましたね。
やはり、指名されるところが、素晴らしい。オリックスは、1位にJR東日本の田嶋、2位に日立製作所の鈴木康平という即戦力投手を獲得して、この本田は3年後に花が咲くようにするのかな。バランスのいいドラフトですな。
甲子園には出ていないけど、将来性があるピッチャーです。



本田仁海投手は、土屋監督が育てました!
桐蔭学園OBの由田慎太郎、いい仕事したね!将来が楽しみなんです。
土屋恵三郎監督がいるので、神奈川の高校野球の勢力図が変わる感じがするんだよね。


広陵・中村奨成くんは地元の広島で良かった。


ドラフト特番では、中村くんが出てきましたね。昼間から取材で緊張の1日だったでしょう。
広陵高校から広島カープって、なんかよかったと思います。
日大三高の先輩、板倉くんと切磋琢磨してほしいですね。厳しい練習にも耐えられる人物、お母さんも喜んでいることでしょう。
お母さんは美人なので、コメントが楽しみです。
「頑張ってきてよかったね、続けてきてよかったね」と大事な息子への手紙が紹介されました。




中村奨成くんには、古田敦也が温かい言葉を投げかけました。広陵高校のみんなも喜んでいて良かったね。
やはり、ドラフト特番にはカープが似合う。