横田基地がある街、東京の福生市
ここで行われている福生カニ坂ロックフェスティバルドキュメント72時間の密着取材を受けたようですね。

横田基地で行われている横田駅伝ではなく、福生カニ坂ロックフェスティバルか・・・。
さすがに、米軍の敷地の中での取材は難しいのでしょう。
福生カニ坂公園で、8月の終わりに開催されたロックのフェスだったら、なかなか強烈な人が登場しそうな感じがします。




ドキュメント72時間は、どんな放送になるのか?

番組ホームページの予告内容が、妙に短いのが気になります。
米軍の横田基地がある東京・福生。音楽やファッションなど、アメリカ文化が根づいたこの地で、30年以上続くロックフェスティバルがある。

他のフェスと違うのは、ステージで歌うミュージシャンの年齢がちょっと高めなこと。多くは地元で働く40代から60代。

「ラブ&ピース」を叫んでいたかつての若者たちは今、何を叫ぶのか。その歌は観客に何をもたらすのか。夏の終わり、手作りのロックフェスに密着する3日間。
ロックフェスティバルに参加したおっさんは、絶対に見るんでしょうね。
ちょっとでもドキュメント72時間の放送に映っていたら「出たー!」とテレビに向かって叫び、FacebookやTwitterに画面を撮影して投稿する様子が目に浮かぶようです。
若者だけではなく、おっさんミュージシャンがドキュメント72時間の悲哀を表現するのでしょう。本当にリア充のおっさんミュージシャンを映しても、面白くないですからね。
かつては凄かったようなおじさんで、今は少し生活が苦しい感じの人が叫ぶと、そこそこに盛り上がるような放送になりそうです。

川べりの家(通常盤) [CDMaxi] / 松崎ナオ
川べりの家(通常盤) [CDMaxi] / 松崎ナオ



番組の予告編に登場しているおっさんミュージシャンや、ダンスしているおばさんが、かなりいい味を出しています。魂をうたっているんだから!って、ちょっとした名言じゃないですか。

福生カニ坂ロックフェスティバルの手作り感が溜まりませんね。ちょっと行ってみたくなったような人も多いと思いますよ。
2018年の福生カニ坂ロックフェスティバルは、もっと盛り上がるといいですね。



NHKに出て、このフェスもメジャーになりますね!良かった!

おそらく、福生カニ坂ロックフェスティバルのホームページのサーバーは、放送中にダウンすると思われます。

福生は、八王子からもうちょっと行くとありますね。
横浜からは、ちょっと遠いです。
福生って、基地の街だから、ちょっとおもしろいんですよね。楽しい店もいっぱいあるし。

魂の叫びって、すごいね。

ナレーターは、吹石一恵。吹石一恵のナレーションって、ちょっと飽きました。そろそろ引退してくれないかなぁって思います。




たまら・び(no.80) 福生チャンプルー/夏銭湯の愉しみ [ けやき出版 ]
たまら・び(no.80) 福生チャンプルー/夏銭湯の愉しみ [ けやき出版 ]