今年のプロ野球のオールスターゲームでトラックマンという装置が話題になりましたね。アメリカの軍事レーダーの技術を使ってピッチャーが投げるボールの回転数を測る機械で、日本の球団にも導入されています。
楽天が導入するのを皮切りに、10球団ほど使っていて、中日とロッテが導入していなかったと思います。データで投手の調子を測定できる技術として注目されました。同じ球速でも回転数の多い少ないで伸びが違うんでしょうね、ストレートの。

technicalpitch
韓国のプロ野球を見てきたよ。韓国でも多くのデータが使われているのかな?



球にセンサー内蔵されたテクニカルピッチが発売された!アクロディアだ!

渋谷にあるIT企業のアクロディア(証券コード3823)がトラックマンが無くてもボールの回転数を計測できる硬式球テクニカルピッチ(TECHNICAL PITCH)を開発し発売すると発表しました。
株価も急騰するのか楽しみですわ。いい材料が出ましたね。チャート的には、ちょっと買いやすいので狙ってみようかな、IoT関連銘柄として注目されていた企業です。
気になるお値段は、1球で19500円だそうです。
センサーと電池が入っているボールに、この価格設定は、高いのか安いのかよくわからないけど、10000回は使えるようです。10000回もロージンバックを付けて使うと、表面が摩耗してだんだん滑りやすくなってしまうかもしれませんけどね。



回転数で「キレ」や「伸び」が分かるらしい。


トラックマンもそうでしたけど、回転数や開店の軸などが分かると、人間の感覚値が数値となって表現されます。おそらく、JR東日本の田嶋投手(佐野日大)のストレートは伸びがあると思います。MAX149キロだけど、伸びがあるはずですわ。
同じフォームからカットボールを投げるから厄介なんですよね、田嶋って。 
まぁ、トラックマンの賛否両論はあるにしても、手軽に安価で回転数が測定できると、チームにとってはメリットなのでしょう。データの分析の仕方が重要になるけど、とりあえず、試合の序盤と試合の後半でストレートの球速と回転数を比較すると、何かが分かるかもしれません。
球速が同じでも、回転数が変わっていたら、疲労しているとか、何かが起きていると思うでしょう。
それだけで勝てるかというと、そうでもないけど、データを重視する野球に変わってくるかもしれませんね。
さらには、データをAIで分析して、ピッチャーの交換するタイミングを適切に助言するとか、そんな動きも出てくるかもしれません。

野球×統計は最強のバッテリーである セイバーメトリクスとトラッキングの世界 (中公新書ラクレ) [ データスタジアム株式会社 ]
野球×統計は最強のバッテリーである セイバーメトリクスとトラッキングの世界 (中公新書ラクレ) [ データスタジアム株式会社 ]


アクロディアは、アルプス電気のセンサーを使用

ボールの中には、アルプス電気で開発した9軸センサーが採用されているようです。角速度センサー、加速度センサー、地磁気センサーが使われていて、ボールの軌道や回転数や球速を測定します。初速と収速の変化とかも当然分かるでしょう。
自動車のレースなどでもおなじみのセンサーですが、アルプス電気でしたか。ムラタセイサク君でお馴染みの村田製作所などもセンサーのイメージが強い会社ですけど、アルプス電気もいい会社です。
ボールは、ボールの製造メーカーに依頼して作っていて、革とか縫い目とか、大きさとかを実際のボールに近づけたようです。
なかなか微調整が難しいと思いますが、発表イベントで元巨人の宮本が登場して、次のようなコメントをしたそうです。
もっとサインボールみたいなツルツルしたものを想像していたが、全然違う。実際の球と変わらない感覚
「川鉄水島時代にも欲しかった・・・」とは言わなかったようです。
ちなみに、100円ショップの野球のサイン用ボールは、なかなかクオリティが高いです。つるつるしていますけどね。
テクニカルピッチの中のセンサーで測定した各データ(球速、変化量、回転数など)はブルートゥースでスマホに転送されるようです。ブルートゥースも安くなって使われることが多くなってきました。
分析の仕方にノウハウが必要だけど、データが取得できることはとても重要なのですよね。これまでは280万円もするトラックマンが必要だったわけですから。
ただ、プロ野球の公式戦でこのボールが使われる訳ではないし、それはまだまだ先のことだと思うので、あくまでも練習で使われると思います。


スポーツ報知の記事から引用すると・・・
代表取締役社長の堤純也氏は開発から約2年かかったと明かし「トラックマンを入れなくても、簡単にデータを取得できる」と利点を強調。実際にプロ球団でテストを行ったところ、誤差は1~2%程度だったという。
このテストした球団って、楽天でしょうか。DeNAでしょうか。IT系と言うことで、ソフトバンクでしょうか。
アクロディアはKDDIが出資しているので、ソフトバンクってことは無いかな。
それにしても、データ重視の野球が好きなチームなんかは、導入するかもしれないですね。安いですからね。
これに似た商品は、他にもあるようです。ミズノも開発していて、2018年春の販売予定だそうです。アクロディアとVSミズノのセンサーボール対決にも注目ですな。電池は非接触充電だというミズノの製品の使用感はどんな感じなのかなぁ。
私も、かつては140キロのストレートとフォークボールで頑張ってきたので、一度使用してみたいです(嘘)。野球経験無しです。


勝てる野球の統計学 セイバーメトリクス/鳥越規央/データスタジアム野球事業部【1000円以上送料無料】
勝てる野球の統計学 セイバーメトリクス/鳥越規央/データスタジアム野球事業部【1000円以上送料無料】



意外と評判がいいテクニカルピッチ。
軟式の方が、耐久性を持たせるのが難しそうですね。
ゴム表面だと衝撃に耐えられないからね。

IoTが野球の世界にもどんどん進出してきますね。

アクロディアのホルダーのみなさん、明日の株価はどうかな?
あ、損切りしましたか。どんまい。
急騰することは無いかな。
データ野球関連銘柄にアクロディアを追加しておこう。

関連銘柄として、ブレインパッドを挙げておきますよ。
ビッグデータ分析の会社です。

トラックマンはトラックマンで残りそうだけど、用途は分かれそうです。
トラックマンを導入しなかった中日とロッテが、安いテクニカルピッチを買うかもしれんね。
どの球団も買うかな。
巨人には、宮本が差し入れしてるかな?


うん、意外と評判がいいね。

2018年のプロ野球も楽しみです。2017年はファイターズが負けちゃったから、終わっているから。

プロ野球スピリッツ 5 完全版(初回生産版:全収録選手 データブック付き 豪華BOX仕様)
プロ野球スピリッツ 5 完全版(初回生産版:全収録選手 データブック付き 豪華BOX仕様)