最近は、病院に行く機会が少なくなったので、処方箋薬局に行くことも少なくなったのですが、医療保険制度って、しばごはちょっと関心が高いです。
ジジババが安い自己負担でたくさん薬を貰い続けていたら、いつか健康保険制度も破たんしてしまうような気がしています。
ジェネリック医薬品を使うようにしていますけど、先発の薬がいいのかジェネリックでもいいのか、いつも悩むけど、まぁ、今のところはジェネリック薬にしていますよ。

さて、なの花薬局界隈で怪しい動きがあったみたいです。
東証一部に上場している札幌市に本社があるメディカルシステムネットワークは、なの花薬局を運営している会社でもあるのですが、ここの子会社のシー・アール・メディカルという、名古屋などの東海地区と北陸地区でなの花薬局を運営する会社でヤバイことをしていたようです。



なの花薬局ってたくさんありますよね。

本社を名古屋に置くシー・アール・メディカルが何をしたかというと、健康保険制度を悪用して、医師が処方する医薬品を社員に配っていたようです。
架空の処方箋を書いていた医師がいたのか、どこかの病院で医師の名前を使って医療事務が処方箋を発行していたのか分からないけど、そんなことをしていたのでしょうか?
シー・アール・メディカルでは、社員が欲しい薬を自己負担の3割負担の値段で、医薬品を手にしていたみたいです。
皮膚科の薬とか、睡眠薬とか、咳止めの薬とか、胃薬とか、病院の処方薬の方が市販の薬より効果があるような場合もあり、それが安く入手できるのならば欲しいという人も多いでしょう。でも、診察を受けていないのにも関わらず、保険を使っていたら悪質ですね。
こんなことをするのは、ブラック企業がやる感じがします。

健康保険制度の問題はいろいろあるけど、国民の税金や保険料が原資となって、病気になった人の医療費を支え合っています。だから、安く医療が受けられたりするわけですけど、こんなことをされたら保険料を支払っている人にとったら許せないですね。
なの花薬局っていうかわいい名前の薬局で、そのすべてが悪いわけではなく、一部の医師か病院とシーアールメディカルの誰かが悪いんだと思うけど、ブランドイメージは悪くなりましたし、ブラック企業って思えてしまいました。
社員の労働環境が悪いだけがブラックではなく、何かお金に汚い会社って嫌ですね。


メディカルシステムネットワークの株価はどうなる?

週明けのメディカルシステムネットワークの株価への影響はあるでしょうね。メディカルシステムネットワークの株価は500円前後を推移していますけど、少しは下がるでしょう。
悪材料が出て、400円以下になったら仕込みたいところでもありますけどね。
問題が大きくなれば、かなりやばいことをしていると思われます。シー・アール・メディカルは上場していませんし、このシー・アール・メディカルはファーマホールディングの地域運用会社という位置づけです。
調剤薬局もM&Aが盛んなので、何が何だか分かりにくいけど、とりあえず生活者に馴染みがあるのは、なの花薬局ですね。
シー・アール・メディカルもなの花薬局も、ファーマホールディングもメディカルシステムネットワークも、検索をしてみるといずれも「ブラック」っていう検索候補と、危険とか評判と言った怪しいワードが並ぶんですけど、大丈夫ですかねぇ。コンプライアンスなんであったもんじゃないかも。ばれなきゃいいわっていう薬剤師あるあるみたいな感じかな?
まぁ、ブラックかどうかっていうことを薬剤師が採用活動をするときに調べているということでしょうけど、調剤薬局なんてこんなもんですかね。

この不正は、ひょっとしたら詐欺事件に発展するかもしれませんし、心情的に大きな影響があります。医療費高騰とか社会的に関心があることですしね。
診察無しでの医師の処方箋発行も悪いし、薬局側もアウトですが、氷山の一角のような感じもしました。こんなことをやっている保険調剤薬局も町医者もたくさんいるような気もしています。

佐藤製薬 エンペシドL 6錠 【あす楽対応】 1833 【第1類医薬品】★要メール確認 薬剤師からお薬の使用許可がおりなかった場合等はご注文は全キャンセルとなります。 ※税控除対象商品
佐藤製薬 エンペシドL 6錠 【あす楽対応】 1833 【第1類医薬品】★要メール確認 薬剤師からお薬の使用許可がおりなかった場合等はご注文は全キャンセルとなります。 ※税控除対象商品


刑事告発になるのでしょうか。
ちゃんと捜査してほしいんですけどね。

なの花薬局の店舗って、全国にたくさんありますけどね。
昔は、薬をどーん!って出している医者もたくさんいましたが、最近は、いろいろと難しくなってきているんでしょうかね。

薬局の大疑問 市場規模約8兆円!拡大する薬局ビジネス (別冊宝島)
薬局の大疑問 市場規模約8兆円!拡大する薬局ビジネス (別冊宝島)