妻の夏休みも終わって、夏の高校野球もあと3試合ですね。
8時から高校野球をやっていることで夏を感じ、準決勝で夏の終わりを感じる専業主夫しばごです。
(ちょっと前は、都市対抗野球が終わって夏が終わったって言ってましたが)

さて、夏休み期間には、Facebookがおやじたちのキラキラ投稿であふれかえりました。
いい機会だと思って、ブロックっていうかフォローを辞めた人がいっぱいいました。こうして、エコーチェンバー現象になるわけです。
エコーチェンバー化については、以前のこちらのブログで書きましたので、ご参照ください。

SNSのエコーチェンバー現象について考えてみる

今朝、あまり好きではない東洋経済の記事で、夏休みのキラキラSNS投稿に関する記事があり、珍しくちょっとだけいいことが書いてありました。

夏休みのキラキラSNS投稿に苛つく人の心理


一部抜粋すると、

人は、自分の欲求と現実がそぐわない時に、自己嫌悪に陥り、他人に対して怒りや葛藤を感じやすくなります。したがって、欲しいブランドのバッグが経済的な問題で買えないでいるときに、「これ、買っちゃいました!」と高価なバッグが写った写真が投稿されていれば、気持ちはモヤモヤします。
ふむふむ。ひがみじゃないけどね。
ちょっとイラッとすることもあります。
大家族で、自分の作った料理をみんなが「美味しい」と言って食べてくれれば、そこで承認欲求は満たされます。常にSNSに投稿する必要はありません。また、身近な人(夫や妻)がきちんと認めてくれていれば、「子育てを頑張っている私」をアピールする必要はありませんし、本当に儲かっている人は、SNS上で「稼いでいる」なんて言わないでしょう。そう考えると、こうした承認欲求の隠れている記事を見て、羨望するなんておかしいと思いませんか? 
ここだけ読んでも、わからないかもしれませんが、筆者は他人のキラキラ投稿にイラッとせずに適当にスルーしましょうっていうことを言っています。キラキラSNS投稿っていう言葉はさておき、SNSに振り回されるな、と言っています。
最後には、SNSとの付き合い方を見直す必要があるかもしれないと、無難に締めくくっています。
まぁ、読みやすい内容でした。



キラキラ投稿に疲れるからやらない方が良いかな、SNSは。
 
基本的には、自慢投稿やプチ不幸自慢とか、オヤジの主張みたいな投稿が多いので、かなりブロックしましたしフォローをはずしました。基本的には、それでOKで、私のFacebookのタイムラインには「この人の投稿は見たい」と思える人だけにしています。
それでも、夏休みにはリア充な雰囲気のキラキラ投稿は増えます。だから、新たにフォローをはずしました、この夏。
それでいいと思います。

そして、エコーチェンバー現象が進むわけです。

はじめてのSNS LINE Facebook Twitter Ins (生活実用シリーズ) [ NHK出版 ]
はじめてのSNS LINE Facebook Twitter Ins (生活実用シリーズ) [ NHK出版 ]

では、実例を挙げてキラキラ投稿を見てみましょう。

ブログでは、twitterのキラキラ投稿を参照しやすいので、知らない誰かのキラキラ投稿を見てみます。お友達と言うか、知り合いの気持ちになってみると、そこそこにイラッとします。
キラキラネームの、龍勢とか日美香とか遊星とか歩笑夢とかを見ているくらいイラッとしますよ。

前回も書いたけど、空港からの「行ってきます投稿」はウザい。
墜落しろ!と思ったら、フォローをはずしましょう。

海外のビーチからの投稿、イラッとしますね。

この人の最高は、こんなもんか・・・と思いましょう。
でも、ブロックかアンフォローだな。

合格おめでとう!なんて思わんよ。

知らんわ。

こんな投稿だらけだと、嫌になっちゃいますよね。
でも、本人がいいならいいけど。

ダナンか。
バカじゃねーの?

ムカつくねぇ。
知り合いの誰かの投稿だったら、かなりムカついていたと思う。


全く知らない他人の投稿だから、落ち着いて見られるんですけど、うざいやつの投稿だったら絶対に見たくないって思ってしまいました。
キラキラ投稿の並ぶFacebookは、ミクシィみたいに誰も使わなくなるんだろうかね。
私は、使わなくなりました。

ビジネスにつながる儲かるFacebookの投稿講座 Facebook投稿完全攻略! [ 武藤正隆 ]
ビジネスにつながる儲かるFacebookの投稿講座 Facebook投稿完全攻略! [ 武藤正隆 ]