専業主夫しばごはラーメンが大好きです。
業務スーパーの生めんタイプのラーメンを自分で作るのも好きですし、インスタントラーメンも好きですが、やはり有名ラーメン屋の気合いが入った一杯はいいですね。

豚骨なら、秦野市の渋沢にあるなんつッ亭の熊本ラーメンが最高ですが、志那そば・中華そばのあっさり系では、横浜市の戸塚区にあるカミカゼが日本一うまいラーメンだと思っています。
故・佐野実氏もうまいと言った伝説のラーメン屋さんです。
かつては、横浜市泉区のイトーヨーカドー立場店の奥の方にあるも突然の閉店、その後、藤沢市の善行に移転するもそこも閉店。その後は横浜市の国道一号線の戸塚警察署のそばに復活していたのです。
その情報は、ちょっと前から知っていたのですが、なかなかアクセスが悪いので、行けなかったのです。

でも、行ってきましたよ。
独学で研究した感じのラーメンを食べてきました。
2回行って、1回目は中華そば(650円)、そして2回目は醤油ラーメン(750円)です。人気のメニューは焦がしネギ醤油とか、塩ラーメンらしいのですが、しばごは中華そばと醤油ラーメンが好きなのであります。

店内は、実にレトロな雰囲気で、飾りっ気がないけどおしゃれ。

kamikaze3

横浜の泉区にあった時も、かなりの独特な雰囲気ですけど、キープコンセプトのレトロ感。カミカゼのロゴがおしゃれです。
イメージカラーは横浜ネイビーブルーって感じでしょうか。
では、店内に入ります。



券売機でメニューを選びます。

kamikaze2
 メニューは、そんなに多くありません。
醤油・塩・中華の各麺に、チャーシュー、メンマ、のりなどのトッピング。
ライスとビールはあります。
麺の大盛りは100円増しです。値段がそんなに高くありません。
中華そばと醤油ラーメンをラインナップしているところに、こだわりを感じます。

レトロ感のある店内。

kamikaze4


大洋ホエールズの帽子や、中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズの帽子があり、グローブが大事に保管してあります。
店主が野球好きなのでしょう。昔の道具に感動しながらラーメンを待ちます。
箱根駅伝のカレンダーも置いてあります。
箱根駅伝の中継所にもなっている場所なので、箱根駅伝ファンも食べているのかな?ただ、箱根駅伝を見て、カミカゼのラーメンを食べて正月を過ごすというのは、至難の業でしょう。

これが、中華そばだ!


kamikaze1
澄んだスープにつるっとしたキレのある細麺。
これぞ至福の一杯。魚の焦げた風味の強いスープに白い刻み葱が載っています。
チャーシューはトロトロ系で実に、高い次元でマッチングしています。
スープ・麺・スープ・麺。あっという間になくなってしまいます。大にすればよかったと思ってしまいます。
研究している感じがいいですね。オリジナリティがあって、進化する伝説のラーメンです。
復活を希望する声も多かったのも頷けます。
丼がかわいいですね。



kamikaze6
チャーシューがめちゃ旨いんですよ。
スープと麺もうまいけど、チャーシューもとても美味しい。
ちなみに、カミカゼの隣にもラーメン屋があるんですが、そこはそんなにうまくない普通のラーメン屋です。まずくもないけどね。

では、醤油ラーメンも!


kamikaze7

こちらが、醤油ラーメンです。
中華そばよりも、魚の焦げの風味がない感じの爽やかなラーメンです。
シンプルで心地よいのどごしのラーメンです。
ネギが青ネギを使っています。メンマとのりとチャーシューは中華そばと同じものです。ツルっとしたラーメンのおいしさをダイレクトに味わえる究極の一杯です。

店の奥に、ダシが置いてありました。

kamikaze5

さばぶしと伊吹いりこを使っているのですね。この材料を使っても、このカミカゼのスープを簡単に作ることは、この店主ではないと無理でしょう。
だからこそ、カミカゼのラーメンに価値があるのです。

横浜の戸塚でいつまでやっているか不明ですけど、営業時間も極端に短いわけではありませんので、また行ってみたいと思います。


【ラー博限定】佐野実謹製「支那そばや」醤油らぁ麺(1食入り)
【ラー博限定】佐野実謹製「支那そばや」醤油らぁ麺(1食入り)




この本にカミカゼのラーメンも掲載されています。


カミカゼのファンも多いですよ。
太いメンマから、剣先メンマに変わっていました。
このメンマがめちゃくちゃ美味しいのですわ。

焦がしネギラーメンを食べてみたいな!

伝説のラーメン屋、カミカゼ。