日本航空石川高校の女子マネージャーがかわいいと話題らしいですけど、私は藤枝明誠のマネージャーの方がタイプです。
おかやま山陽の女子マネージャーさんは、サッカーの澤穂希ベースなんですけどかわいかったです。
早稲田佐賀の女子マネージャーは、いかにも早稲田ちゃんみたいな顔をしていましたね。

高校野球の話はさておき、先日行ってきたあしかがフラワーパークの紹介です。
足利フラワーパークではなく「あしかがフラワーパーク」ね。足利って読みにくいから平仮名にしているんでしょうかね。
これまでに、4回ほど行ったことがありますけど、いずれも藤が見頃の季節に行ってきたので、夏に行くのは初めてでした。

このあしかがフラワーパークは、園長の塚本こなみさんが有名ですけど、花の開花状況によって入園料が違うことで知られています。イールドマネージメントに近い考え方だと思うのですけど、利益の最大化を考えて、経営者でもある塚本氏が料金設定をしているんですよね。
花が咲いていないときは安く、名物の藤の花の季節には1700円まで入園料が上がります。夏は、スイレンが咲いている程度なので、300円とお安い入園料です。
でも、しばごは、さらに割引を求めて、無料クーポン券をホームページで発券して行きましたよ。無料であっても、価値がないものは見たくありませんけど、あしかがフラワーパークはスイレンもとてもきれいですので、見る価値があります。

アクセスは、両毛線の富田駅から徒歩で行きます。

ashikaga1

富田駅は、田舎らしい地味な小さな駅です。駅員さんもいない時間帯があります。
両毛線の電車で伊勢崎から40分程度で到着します。観光バスで行く人も多く、4月や5月にはツアーも増えます。団体用入場口も大混雑します。
富田駅から、行列になっている様子を見たこともあります。
しかし、夏はあしかがフラワーパークに行く人は少ないので、全く混雑していません。
富田駅からは徒歩10分程度で、到着します。



大型バスの駐車場もありますけど、その前の横断歩道を渡って、両毛線の線路をくぐって、正面入り口に到着しました。

ashikaga2
 花と光の楽園なんですね・・・。
イルミネーションとかライトアップも有名で、東日本の3大夜景にもなっていたと思います。夏は、ライトアップしていませんけどね。
駐車場にも車が少ないです。せっかく、子供たちが楽しめる水をぶっかけるイベントをしているというのに・・・。


ashikaga3

正門には、さっそくスイレンがお出迎えしてくれました。
藤やあじさいもいいけど、スイレンもいいですね。バラの季節も終わっていますしね。

チケット売り場で、無料クーポンを提示して、入っていきました。人影が少ないです。売店も営業してません。
混雑している場所が嫌いなしばごにとっては、とてもありがたい状況ですな。


ashikaga4

スイレン、見放題です。

奥には、子供が遊べるエリアがあって、全身びしょぬれになって遊んでいる子どもがいました。犬はいませんでした。
なお、食事に関しては、持ち込みは原則的に禁止なんですけど、藤が見頃のシーズンにはツアー客も外国人も弁当を持ち込んで園内で食べています。それが、あしかがフラワーパークです。


あれ?とうらぶかな?
ashikaga5

期間限定で、こんなにかわいい展示がありました。
夏は、花もスイレン程度なので、このような工夫がしてあります。近づいてみます。


ashikaga6

ペットボトルのふたでできています。作った人、大変だったんだろうな・・・。
いつまで展示しているのか調べたら、8月31日までだそうです。インスタ受けする場所は、ここかな・・・って思いました。

では、夏の藤棚を見に行きましょうかね。

ashikaga7

見頃ではなく緑の藤です。長藤、大藤、黄花藤、白藤など、有名な藤があり、天然記念物にもなっている藤の木です。
CNNが選んだ世界の夢の旅行先の一つにノミネートされているのが、このあしかがフラワーパークの藤の木なのです。
園長さんが、この大藤を移植した物語はあまりにも有名ですけど、よく移植できたものだと改めて感動しました。
まぁ、年にもよりますが、開花状況はホームページで確認できますし、だいたい4月後半から5月いっぱいくらいがいいと思います。品種によって、開花時期が違うので、すべての藤が全部開花しているとも限りませんので注意が必要です。

海外からの観光客も多いのですが、さすがに夏は外国人観光客もいません。観光バスも1台もありませんでした。


ashikaga8

見学時間は1時間だと、花がいっぱい咲いているときには少ないかもしれません。クラブツーリズムとか読売旅行のツアーでは、園内で1時間のツアーと90分のツアーなど、いろいろなコースがありますけど、長めのヤツの方がおすすめですよ。
お土産を買う時間とか、お弁当を食べる時間を考えると、1時間だと慌ただしすぎますからね。

藤の季節だけでなく、6月の紫陽花とか8月のスイレンとかも楽しめるのがあしかがフラワーパークです。無料クーポンを使って行ってみてはいかがでしょうか。


花名所百景 藤/あしかがフラワーパーク(栃木)【動画配信】
花名所百景 藤/あしかがフラワーパーク(栃木)【動画配信】


なんと、あしかがフラワーパークのところに新駅ができるらしい!
白鷗大足利高校の生徒と、観光客が喜ぶね!
塚本こなみの力、すごい!
新駅の駅名は、あしががフラワーパーク前ですかね。

刀剣乱舞(とうらぶ)のボトルキャップアートも話題ですね。それを目的に夏の旅行に行くのもいいと思います。

栃木県指定天然記念物なんですね。
それはそれは立派な藤の木なのです。

国広三兄弟も話題になっています。

新駅ができると、富田駅を使わなくてもいいですよね。
でも、新駅ができると近すぎやしないか?

インターネットがあれば、無料で会員登録して、無料入場券をGETできます。
ソフトクリームの割引券もありますよ。
関東三大イルミネーションらしいです。

新駅誕生が楽しみになってきました。
青春18きっぷで宇都宮とか高崎に行ったついでに行くのがおすすめですね。


プレゼント用花ギフトにもおススメギフト鉢花【盆栽】藤盆栽盆栽藤信楽鉢植え 2017年4月に開花の藤盆栽となります 花鉢植え 自宅で楽しむ藤の花
プレゼント用花ギフトにもおススメギフト鉢花【盆栽】藤盆栽盆栽藤信楽鉢植え 2017年4月に開花の藤盆栽となります 花鉢植え 自宅で楽しむ藤の花