日曜日に、ラジオ日経で当選した「立川らく朝のごごらくご」のチケットを持って、落語を聞いてきました。

落語を聞くのは、10年ぶりくらいかな。以前も、ポッドキャスティングのポッドキャスト亭の落語チケットが当選したので行ったのですけど、なかなか自腹で落語を聞くことは無いですね。
Youtubeでも落語を聞けますし、このライブの良さって言うのが、あまり理解ができていないのですわ。
「豚に真珠、しばごに落語」であります。

DSC_0001

この立川らく朝さんも、実は知らなかったんですけど、落語家になる前は医師(内科医)だったみたいですね。
そこで一定の収入を得てから、落語家になったみたいです。プロフィールを見たら、落語家で医学博士。ドクターさんなんですね。
長野県生まれで、杏林大学の医学部を卒業して、慶応健康相談センター(人間ドック)の医長だった人のようです。
その後、立川志らく門下に入門して、内科クリニックも開設している方のようです。

入門したのが46歳(平成12年)で、真打に昇進したのが平成27年10月だそうです。健康をテーマにした講演会をいっぱい開催しているみたいなので、この日も「健康落語」をやっていました。




当選したら、行くしかないよね。

当日は、都市対抗野球も東京ドームでやっていましたから、本当は東京ドームで野球を見たかったのですよね。だから、午前中の1試合だけ見て、その後、牛丼を食べてから、会場の紀尾井ホールに出かけました。
紀尾井ホールへは、四ツ谷駅から上智大学の横を通って、徒歩で5分くらいでした。

この講演料っていうか、入場料は前売りで2500円、当日で3000円でした。会場はきれいな小さなホールで100人弱くらいのおばあさんがいました。
はやりライブって言うのはいいんですかねぇ。まぁ、Youtubeを見ない世代だと思います。
3000円の価値があるのか?きっとあるに違いないと思ったのですが、途中で寝てしまいました。睡眠は健康の大事なファクターですからね。
鰻に関する古典落語と、健康落語と、もう1本の落語をやっていました。


落語で不調を改善!笑って自律神経を整える (エイムック) [ 立川らく朝 ]
落語で不調を改善!笑って自律神経を整える (エイムック) [ 立川らく朝 ]


落語家さんのお話って、くだらない感じが面白いんですよね。そんなに大した話ではなくても、笑えることは大事なことです。落語家も、そんなに気合いを入れて聞かれたら困るでしょう。
立川らく朝さんは、もともと落語が大好きだった方のようで、やはり好きこそものの上手なれという言葉がしっかりと当てはまる感じがしました。
また、機会があれば、落語を聞きに行きたいな。



落語でもどうぞ。



笑えば治る立川らく朝の健康ひとり語り [ 立川らく朝 ]
笑えば治る立川らく朝の健康ひとり語り [ 立川らく朝 ]


落語家って医師よりも儲かるのかなぁ?そんなことはないか。
だいたい3000円とか3500円なんですね。
そんなことさえ、知りませんでした。

落語と講演会では、どっちが儲かるのかな?ってお金の事ばかり考えてしまった。

私が行ったときも、船徳って言うのをやっていました。
他には幽霊将棋と後生鰻でした。


本も出版している立川らく朝さん。今後のご活躍も楽しみにしています。

笑いって、本当に大事ですよね。
人類を救いますわ、本当に。

認知症とかぼけ老人とかのテーマが多いんだろうなぁ、やっぱり。