専業主夫の株ブログのくせに、都市対抗野球ネタが続く当ブログ。
期間限定で「専業主夫しばご、都市対抗野球観戦で生きてく。」に改題しようかと思ってしまいました。でも、今日は、自宅で毎日新聞のライブ中継を見ていたので、東京ドームには行きませんでした。
今日は、日本通運対三菱重工名古屋の試合はいい試合だったなあ。三菱の初回の攻撃が見事でした。
第3試合の新日鐵住金東海REX対JR北海道硬式野球クラブの試合は、息詰まる投手戦の末、東海REXが勝ちました。

2017年7月17日の3試合の観戦記を書いておこうと思います。

この日の試合は、以下の3試合でした。

日本生命(大阪市)-三菱日立パワーシステムズ(横浜市)
NTT西日本(大阪市)-JR西日本(広島市)
NTT東日本(東京都)-三菱重工神戸・高砂(神戸市・高砂市)


いずれも好カードです。都市対抗野球の試合なんて、どれも好カードって言ってしまいたくなりますけど、強いて言えばちょっと戦力が劣る北信越のチームと四国のチームが出るときは・・・(以下、省略)。
伏木海陸運送とJR四国は、完封負けしちゃいましたけどね。



日本生命-三菱日立パワーシステムズ

昨年も初戦で激突した両チーム。昨年は、三菱日立パワーシステムズ横浜が勝ちましたけど、今年は、旧三菱重工長崎とのチーム合併があって、三菱日立パワーシステムズとしての対戦です。
戦力充実の両チーム、先発は予想通り、日生・阿部、MHPS・大野でした。

第一試合は、ちょっと早めに東京ドームに行けば、熱中症になりそうな入場待ちの行列を避けることができます。特定シードのチームの行列は大変なことになりますが、MHPS側だったら比較的スムーズにチーム券を貰って入場することができました。もちろん、無料ですよ。
2017_1
日本生命も、3度目の正直でMHPSには負けるわけにはいかないと思ったでしょうけど、MHPSだって優勝候補ですから初戦で負けるわけにはいきませんよ。
試合前には集合写真の撮影があります。応援団と一緒にね。
「あ、28番の平尾くんだ!」とか思った人は、かなりマニアックだと思います。しばごは、平尾が大好きです。平尾のプレーを見るためには、金沢グラウンドもしくは保土ヶ谷球場に行く必要があります。。。


試合の方は、2回で大野投手をKOした日本生命打線。2回以降は補強選手の齋藤投手(JX-ENEOS)と奥村投手を攻略できません。
MHPSは、2回裏に補強選手の若林(JX-ENEOS)のソロホームランで流れを食い止めると、6回裏に対馬の左中間へのタイムリー3ベースヒットで反撃。
そして、8回裏に、日生の坂本(新日鐵住金広畑からの補強)投手に連打を浴びせ、一気に逆転。
9回表に日生の反撃。2番青柳のタイムリー内野安打で1点を失い、5-4。
この時に、ファーストの村山が負傷で交代というアクシデント。

2017_2

整列した時にアイシングしていましたけど、大丈夫だったのかなぁ。常葉学園菊川高校のスター選手だった村山くん。責任感の強いキャプテンの涙は優勝するまでとっておこう。

で、続く土井の打席では、ファーストに入った竹内のところに強烈なファーストライナー。見事なダイビングキャッチでゲッツーとなり、最後は奥村投手が高橋英から三振を奪い、ゲームセット。

日本生命4-5三菱日立パワーシステムズ 


吉永小百合 [日本生命] テレホンカード 50度数 未使用品 【中古】 テレカ テレフォンカード i0243
吉永小百合 [日本生命] テレホンカード 50度数 未使用品 【中古】 テレカ テレフォンカード i0243
日本生命の吉永小百合のテレカって、レアすぎる!


元巨人の加治前竜一、東京ドームで活躍したイメージはないけど、打ちましたね!おめでとうございます!

良い試合でした。応援席で泣いている人もいましたね。まだ、優勝していませんよ。








NTT西日本-JR西日本 

伝統のあるNTT西日本は、高本泰裕選手が10年連続出場の表彰がありました。おめでとうございます。
水道橋でちょっとまずい台湾料理(台北っていうお店)を食べてから、JR西日本の応援グッズを貰って外野席に入場しました。
JR西日本のタオルは青のかっこいいタオルです。最近は、タオルを配布するチームも増えてきていると思います。生地も高級な感じですけど、大量発注で値段はいくらくらいなんだろう?って気になります。

JR西日本は、元横浜DeNAベイスターズの加賀美投手、NTT西日本はベテランの吉元投手が先発です。
加賀美が2回に5連打を浴びて、早くもKOされてしまいました。
まぁ、正直、どちらが勝っても良かったのですけどね。
外野席から観戦する都市対抗野球は気持ちがいいものです。しかし、隣に来たクソおやじが、思ったことを何でも口に出してしまうタイプのおやじで「ピッチャー交代した方がいい」とか「変化球が打たれる」とか「前進守備の方がいい」だとか「バントしろ」だとか、延々と言っていて、かなりウザかったです。
そんな時は、座席を移動するのが良いのですが、タイミングを逃してしまい苦しい観戦となりました。

2017_3

JR西日本のイケメン、春原直登(すのはらなおと)選手です。関東学院大学出身です。
JR西日本のユニフォームはきれいなライトブルーです。
スカイブルーですかね?そんなことはどうでもいいけど、強烈な水色のユニフォームっていいですよね。
藤田平の時代の阪神のユニフォームとか好きです。
社会人野球では、JX-ENEOSとか、ちょっと前のNTT西日本とかも採用していましたけど、なかなかいいです。
JR西日本は、袖のエンブレムもかっこいいし、左胸のJRのロゴもいいと思います。

試合の方が、NTT西日本が4対2で逃げ切るかと思ったのですが、最終回2アウトから起死回生の小原礼史選手(伯和ビクトリーズからの補強選手)の逆転3ランホームラン!

2017_4

小原選手は、選手紹介のパンフレットに「鉄道魂」とか書いていて、すごいです。チームに溶け込もうとしている姿があの一発に結びついたのでしょう。
勝利投手寸前の吉元投手は、がっくりとマウンドで膝をついてしまいました。

試合は、5対4でJR西日本がNTT西日本を下しました。
ナイスゲーム、ナイスタオルでした。応援グッズは、大事です。


そうそう、6回表のJR西日本の得点シーン。
NTT西日本のライトのエラー、ショートのミスが失点につながりましたね。野球にたらればは無しですけど、あのプレーが無ければ、逆転3ランが生まれなかったでしょうね。

[鉄道模型]トミックス TOMIX 【再生産】(Nゲージ)92823 JR西日本 100系山陽新幹線(フレッシュグリーン)6両セット 【税込】 [トミックス 92823 100ケイシンカンセン フレッシュグリーン6R]【返品種別B】【送料無料】【RCP】
[鉄道模型]トミックス TOMIX 【再生産】(Nゲージ)92823 JR西日本 100系山陽新幹線(フレッシュグリーン)6両セット 【税込】 [トミックス 92823 100ケイシンカンセン フレッシュグリーン6R]【返品種別B】【送料無料】【RCP】




NTT東日本-三菱重工神戸・高砂

3試合目はNTT東日本の登場です。
東京の予選では、NTT東日本は見ていないけど、まぁさくっと第一代表になったから実力はあるのでしょう。そして、応援がいいんですよね、NTT東日本は。チアガールもかわいい印象があります。
しかし、今年は、さらにマスコットのお姉さんもかなりかわいいんですね。これは、重要なことです。


2017_5

試合前のあいさつの際に、なぜかウロウロしていましたけど、かなりいい感じです。都市対抗野球ダイジェストでチーム紹介をするのがマスコットの大きな仕事ですけど、上手に役割を果たしていました。
三菱重工神戸・高砂のマスコットガールも頑張っていましたよ。

先発は、三菱は鉄腕・エース守安が投げることは分かっていたけど、NTT東日本はまさかの堀。堀?堀誠投手、大抜擢でした。立正大学出身のピッチャーです。

2017_6
長身ですらっとしたタイプですが、球威がある印象でした。
自分の体力を心配して、試合の途中で帰路につきましたけど、試合はNTT東日本が守安投手を攻略したみたいですね。

やはり都市対抗は生で観戦すると面白いと思いますよ。NTT東日本ファンになったみたいですね、この方。

終盤までもつれた試合ですが、やはり東京ドームで見ると本当に楽しい都市対抗野球です。

次は、土曜日に行こうかと思います。まだまだ、都市対抗ブログは続くかもしれません。


第88回 都市対抗野球 サンデー毎日増刊 2017年7月号 【インタビュー】 田中広輔[本/雑誌] (雑誌) / 毎日新聞出版
第88回 都市対抗野球 サンデー毎日増刊 2017年7月号 【インタビュー】 田中広輔[本/雑誌] (雑誌) / 毎日新聞出版