日本の株式市場は3連休でした。
海の日が月曜日だと、3連休になって海のレジャーに行った人もいるのでしょうかね。そして、水難事故が起きてしまっているようで、「言わんこっちゃない・・・」って感じです。しばごは、この3連休は都市対抗野球に2日行ってきました。
本当は、今日も行こうとしたけど、インターネットライブ中継もあるので、そちらで観戦です。
ブログのアクセス数が、都市対抗野球関係の記事だけになっちゃってるんですけど、この時期ですからね。

さて、そんな中、久しぶりに楽天証券の楽ラップの資産運用状況の定期報告です。
ラジオ日経でも、テレビ東京のモーニングサテライトでも、ロボットアドバイザーとか楽ラップのことを取り上げているので、いよいよ普及してきそうな感じです。
このブログを読んでいる方も、ラップ口座で資産運用をしている人も多いでしょう。楽天証券の楽ラップは、比較的おすすめです。
比較対象は、SBI証券のウェルスナビと大和証券のダイワファンドラップオンラインですけどね。
運用成績は、だいたい似たようなもんです。



運用開始半年です。失敗していません。感想は「まずまず」かな。

 
rakurappu

楽ラップの口座に入れたのは合計で150万円です。50万円入れてから、100万円を入れました。
運用開始後半年で、プラス6万円ですな。
150万円が155万9595円になりましたから、まぁまぁな感じですね。
年利換算で言うと、中国株の慶鈴汽車よりもちょっと悪いくらいな感じです。三井物産とか大手銀行の配当利回りと比較しないところが、ポイントです。
利回りだけを見たら、他にもいいような外資系の保険とかありそうですけど、分散投資でリスクを回避しながら楽しむのが良いと思います。
ロボットアドバイザーとか楽ラップとはどんなもんか分からないという人もいるでしょうけど、海外の債券や海外の株、日本の株や日本の債券、金とかリートとかをミックスで買いながら、訳の分からない人工知能が資産運用をしていくっていうことで理解していただければいいと思います。
ご質問は、コメント欄にどうぞ。

実績はそこそこです。
評判が悪かった割には、頑張っていると思います。手数料が高いとか言われますけど、楽ラップってそんなに高くない方だと思いますよ。キャンペーンもやっていたし、早めにやっておいてよかったと思いました。各社、キャンペーンをやっていたり、アフィリエイト広告もラップ口座関連のものも増えています。
エイト証券とかテオとかも、積極的に広告費をかけているようですから、やはり今の旬なんでしょうね。
キャンペーンで増額したこともありますけど、私は自動積立は分かりにくいのでしていません。100万円単位でどかん!と口座にお金を入れて、ひたすら待つという感じです。
今のところは、それでいいのかと思いますわ。

証券会社図鑑【電子書籍】[ 青山邦彦 ]
証券会社図鑑【電子書籍】[ 青山邦彦 ]


気になるIFAの存在。
楽ラップと直接関係あるか分からないのですが、IFA(インディペンデントファイナンシャルアドバイザー?)みたいな人が、楽天証券の認可を受けて、楽ラップで資産運用したら、単純に手数料が高くなるような構図なんでしょうか。
ネット証券で株を売買している人なら、IFAを使うよりは、自分でラップ口座で資産運用した方が利益は出ると思われます。
このIFAって言うのに信頼がおけないのは、食わず嫌いなのでしょうか。


まだ失敗していません。
しばごは、まだ失敗していないと思っています。コース変更もしたことがないまま結果が出ているからそう思うのかもしれません。今年は、これだけ株価が上がっているのですから、国内株式を中心に運用していれば損は出ないでしょう。だけど、この状況が変わってきて、日本株が下落基調になってきたら、日本債券が力を発揮するのかも知れません。
コース変更なり追加で資金を投入するなどして、対策を打たないといけなくなるのかな。自動で配分を変えてくれるんでしたっけ?その仕組みが各社の説明があいまいで、使い方が分かりにくいところでsもあります。
なんか、簡単な性格診断みたいのが不安を掻き立てているような感じさえもしてきます。
リスクヘッジ許容度などを考えて、ロボットアドバイザーが考えているっていうことなんですけどね。
投資信託よりはマシという感想を書いている人がいましたけど、放置している感覚が似ている投資信託とは違いますね。投信は損をする可能性が高いのですが、楽ラップは儲かるしメリットも大きいと思いますよ。
インド株とかベトナム株とか、スリランカ国債の投資信託を買っているしばごですけど、結果が全然違いますから。
海外のファンド、やぱり解約しようかな。ようやくマイナスが無くなってきたタイミングで解約だな・・・。よし、このブログをアップしたら解約だ!


他の人もロボットアドバイザーの恩恵を受けている感じ。

10万円から投資する人も多いのかな。
theoなんかはもっと少額でいけるんでしたっけ。theoにはまだ手を出していないけど、だいたいイメージは理解できています。

音楽のラップとは違いますけどね。
面白いから、ツイッターを引用させていただきます。
納税はちゃんとしましょうね。アフィリエイト収入、今年はどんだけになるのかなぁ。かなり少ないけど。
扶養の範囲内をオーバーしてしまったら、ピンチですけど、その心配はなさそうな感じ。

松井証券の投信工房は、ちょっと気になる存在です。
口座があるので、入金しておこうかな。いや、まだ株で儲けた方が利益が出るのだろうか。
普通預金から、お金を持ってきた方がいいのは分かっている。でも、それができていない。


めちゃくちゃ売れてるマネー誌ザイと投信の窓口が作った投資信託のワナ50&真実50 退職金も老後のお金も積み立てもこれが重要! [ 植村 佳延 ]
めちゃくちゃ売れてるマネー誌ザイと投信の窓口が作った投資信託のワナ50&真実50 退職金も老後のお金も積み立てもこれが重要! [ 植村 佳延 ]