九州豪雨が凄いことになっていますね。NHKのアナウンサーが一生懸命に情報を伝えています。だんだん熱くなってきていて、思いが伝わってきます。被災地の人々も、自衛隊の人々も頑張ってほしいものです。

今日は、長時間昼寝をしていました。昼寝をすると、夜中に眠れなくなるんですよね。夜中のムシムシした暑さはたまりません。我が家には、エアコンが無いので、かなり苦しいです。それでも扇風機は使うのですが、扇風機を使うと体がだるくなります。
ダイソンのやつとかバルミューダの扇風機の直流モーターのやつは体がだるくならないみたいですよ。本当かなぁ。


★専用収納袋の特典付き★ グリーンファン 2017年モデル 扇風機 バルミューダ EGF-1600 【ポイント10倍 送料無料】 BALMUDA 扇風機 日本製 サーキュレーター おしゃれ dcモーター 静音 Green Fan DC 黒 グレー ギフト[ The GreenFan ]
★専用収納袋の特典付き★ グリーンファン 2017年モデル 扇風機 バルミューダ EGF-1600 【ポイント10倍 送料無料】 BALMUDA 扇風機 日本製 サーキュレーター おしゃれ dcモーター 静音 Green Fan DC 黒 グレー ギフト[ The GreenFan ]
でも、カカクコムで調べたら、なかなか高かったので、安い扇風機で我慢かな。


さて、今日も、ちょっと前に続いて、トルコの写真を掲載して夏のトルコ旅行をする人への情報提供しますよ。テーマは、カッパドキア洞窟ホテルです。
洞窟ホテルは若い女性にも大人気でおすすめのホテルです。洞窟ホテルって言うのが1軒あるわけではなく、いろいろな場所に洞窟ホテルがあります。洞窟度が高いところも、ちょっときれいな感じのところもあるようです。しばごは、阪急交通社の89800円の激安ツアーで行ったので、どの洞窟ホテルか選べませんでしたけど、アナトリアンハウス(アナトリアンハウジズ)という人気のあるホテルに宿泊しました。
単独で予約をすると、なかなかいい値段がするホテルのようです。

英語で書くと、Anatolian Housesなので、アナトリアンハウスよちもアナトリアンハウジズって言うのが正しいのかな?場所はカッパドキアのギョレメというところにあります。

doukutsuhotel1



では、感想を残しておきますね。

doukutsuhotel2
まずは、ウェルカムドリンクから。グレープフルーツのウェルカムドリンクを頂きました。
これは疲れが取れる感じで美味しかったです。
イスタンブールから時計回りに10日間のツアーだったら、3日目とか4日目にカッパドキアに到着するパターンが多いと思います。だから、このカッパドキアの洞窟ホテルに到着する頃には、他のツアー客ともお友達になっていることでしょう。
だから、アナトリアンハウジズにチェックインする際には、添乗員がくじ引きで部屋を割り当ててもらった後に、部屋を見せ合いっこするみたいな感じで内覧会をしました。
良い部屋と悪い部屋があるみたいで、景色や内装が部屋毎に異なっています。
お風呂とかトイレは、似たような感じですけど、自然の洞窟に穴を掘って作ったような構造なので、形が全然違うんですよね。
もちろん、窓からの眺めも違います。


doukutsuhotel3

これが、しばごが宿泊した部屋です。エキゾチックでトルコらしい感じですね。
きれいな絨毯(じゅうたん)がまさにトルコです。
間接照明で暗い感じですが、閉所恐怖症の人には、きつい空間かもしれません。若干の閉塞感があります。
私は冬に宿泊したのですが、かなり乾燥していました。部屋には暖房もありますので、寒くないです。夏はクーラーがあるのかなぁ。


doukutsuhotel4

これは、部屋からの眺望です。冬なので、残雪がありますね。
いろいろな写真を撮影しましたけど、どれも絵になります。カッパドキアの色ですなぁ。
このホテルにチェックインしたのは夕方でしたので、近所を散策した程度でしたが、観光スポットの博物館とかミュージアムにも歩いて行けるようです。
ウチヒサールエリアを観光してから、このホテルに入ったのですけど、すっかりカッパドキアが気に入ってしまいました。寒いのが平気な人にはかなりおすすめです。


doukutsuhotel5

これは、部屋の中のトイレとビデです。
イタリアに行ったときもそうでしたが、ビデの設置は法律で決められているようですね。
どうやって使うのかは謎ですが、日本人は使わない人も多いでしょう。
なお、洞窟ホテルの部屋にはシャワートイレはありません。
比較的、清潔なホテルですよ。


doukutsuhotel6

アナトリアンハウジズには立派なプールもありました。冬なので、凍結していましたけど。
トルコの内陸部なので、冬は気温が低いのです。からからに乾燥していますので、マスクがあった方が良いかもしれませんね。のどが弱い人だったら、のどがやられるかもしれませんよ。

この洞窟ホテルの上の方も部屋になっています。しばごは低いところでしたけど、高いところの部屋は階段が大変かもしれません。ちょっとバリアフリーではないけど、ツアーで足が悪い人だったら、低いところの部屋を選ばせてもらった方がいいでしょう。
低くても高くても、それぞれに魅力があるのが洞窟ホテルです。
このホテルは、蛇口を開くとワインが出てくるところがあって、飲み放題らしいのですが、残念ながらその場所が分かりませんでした。レストランでワインを飲むと、いい値段だったような気がします。



doukutsuhotel7
この上の写真は、洞窟ホテルの中ではなくて、洞窟ホテルにチェックインする前にウチヒサールの一般家庭にお邪魔して撮影させてもらったものです。
格安ツアーなのに、ウチヒサールの要塞に住んでいる現地人の家に見学できるなんて、思ってもいませんでした。ツアー参加者40名でぞろぞろと入って家族に話を聞きました。
洞窟ホテルみたいなところに普通に暮らしているってすごいですわ。普通にキッチンがありましたけど、閉塞感が半端ないです。
このご家庭は、いつもツアー客を受け入れている感じでした。
こんな体験ができるというのも、阪急交通社の激安ツアーの醍醐味ですな。個人旅行ではこんなことはできないので、ツアーがおすすめです。


doukutsuhotel8
アナトリアンハウジズはとにかく食事がうまい!
トルコには美味しいものがいっぱいでしたけど、ここは食事が美味しかった。朝食も夕食も、かなりレベルが高い食事を堪能できました。
パンが美味しいんですよね。ハーブが入ったスープも上品な味で満足でした。モーニングはハチミツがあって、それもまた有名だそうです。ハチの巣を立てかけてあるようなヤツね。
あ、写真がない・・・。


ジグソーパズル:「BEV-M81-844 世界遺産 カッパドキア〜神秘の奇岩群〜 1000マイクロピース」 ビバリー[CP-H]
ジグソーパズル:「BEV-M81-844 世界遺産 カッパドキア〜神秘の奇岩群〜 1000マイクロピース」 ビバリー[CP-H]
オプションツアーでは、早朝に気球に乗るツアーが用意されていました。だいたい半分くらいのツアー客が参加していました。気球からのカッパドキアの眺めは最高で、ワインで乾杯するそうです。私は、高所恐怖症ではないけど高いところは大嫌いなので、もちろん参加しませんでした。お値段も高いですけど、これは気球に乗りたい人が乗ればいい。
日本人の観光客は、かなり好きみたいですね。人生観が変わったという人さえいるそうです。天候に左右されるとはいえ、好きな人にはおすすめです。


イタリアとかスペインとか和歌山の洞窟ホテルも有名ですよね。
でも、カッパドキアが最高だ!と思いたいです。トルコに行く時は是非、洞窟ホテルへ。
以前、日本人の留学生が事故だか事件に巻き込まれたことがあったけど、実際に現地を見てみると、とても信じられません。この場所は治安も良くて安全な場所なのです。
何があるか分からないけど、是非、HISとか阪急交通社の安いツアーで行ってみたらいかがでしょうか?




【5%OFFクーポン配布】カーペット トルコ製 200×250幅【送料無料】(センターラグ・ラグ・ウィルトンカーペット・敷物・抗菌・防臭)【RCP】
【5%OFFクーポン配布】カーペット トルコ製 200×250幅【送料無料】(センターラグ・ラグ・ウィルトンカーペット・敷物・抗菌・防臭)【RCP】