これまで、旅行記は4トラベル(4travel)っていう旅行記サイトを時々使ってきましたが、ちょっと動作が重いので、このブログでも旅行記を書いていきたいと思います。
4トラベルに旅行記を書くと、1回に付き500ポイント(50円分)のアマゾンギフト券と交換できる仕組みがあります。1か月に3回までですけどね。
口コミの投稿も1回50円分のポイントが貰えますけど、この口コミメディアのビジネスモデルが成立しているということは、50円を投稿者に支払っても、それ以上の広告収入が4トラベル側にあるっていうことですよね。
このブログに旅行記をまとめれば、50円以上の広告収入を得ることができるのか?ワンクリックいただければ・・・(ご察知ください)。

さて、ちょっと前に行ったイスタンブールの写真をブログに残しつつ、旅行記風に書きますね。
10年以上前の旅行の写真が、パソコンのHDのクラッシュにより消滅した過去がありますけど、ブログにアップしていた分だけ残りましたからね。バックアップは大事です。

前置きが長くなりましたけど、阪急交通社の格安で激安なトルコ周遊10日間の旅行に行ってきました。
費用は89800円でした。二人で行く場合ね。一人部屋追加料金は30000円くらいだったと思いますけどね。
てるみくらぶも似たような料金で販売していましたけど、それは今は昔ですな。阪急交通社とかHISのツアーだったので安心感はありましたけど、その旅行会社が安全なのか危険なのかの嗅覚は常に磨いておかなければいけません。
トルコやイスタンブールの治安が安全か危険かを考える前に、日本の旅行会社の安全性を気にしなければいけない時代なんです。格安旅行が当たり前ですから。

アタチュルク国際空港へトルコ航空で行ったよ。


toruko1

まずは、成田空港からトルコ航空でイスタンブールのアタチュルク国際空港へ行きます。機内食は旅行の楽しみの一つです。
初めてのトルコ航空ですが、エコノミークラスでも十分に満足できる内容でした。チキンかラザニアか選ぶことができまして、これはラザニアです。
ビールは、ツボルグっていうトルコのビールであります。
ブロッコリーが安くておいしかったですよ。また、トルコ航空のCAさんも優しい雰囲気でターキッシュエアラインズが気に入りましたわ。
いろいろな中東便がありますけど、トルコ航空はおすすめです。まぁ、阪急交通社のツアーで航空会社を選ぶ自由はありませんが。なんせ、89800円ですから。ホテルも料理もついていて、最終日にはリッツカールトン・イスタンブールに宿泊するツアーなんですけどね。


イスタンブールの空港に到着!初のイスラム圏。


toruko2
空港に着いたら、両替ですね。
トルコの通貨、トルコリラへの両替は、日本の空港でやるよりはトルコでやった方がいいと思います。多くの国に行く時、流通量の関係で現地での両替がいいと思います。もちろん、イスタンブールの両替商とかならいいレートのところもありそうですけど、ツアーなので空港での両替をすすめられました。
添乗員さんは、「そんなにレートが街中と変わらない」って言っていましたけど、真相はどうなんでしょうかね。
日本人のツアーのジジババがぞろぞろと両替の列を作りました。この時に、どの人が旅慣れている人なのかしっかりと見極めることが重要なのであります。また、ツアーでの団体行動ですから、危険人物をチェックしておく必要もあります。
イスラム圏の危険人物ではなく、ツアー内の危険人物を見つけておく方が役に立ちます。
これ、ツアーの心得であります。


時差の関係でトルコは深夜に到着します。

toruko3

昼間の12時に成田空港を出発すると、直通便でも真夜中に到着します。時差がありますからね。
1泊目の宿泊は、レガシーオットマンというホテルでした。このホテルは、レガシーな感じで伝統のあるホテルでした。新しくないけど、きれいなホテルでした。バスタブもありましたよ。
レガシィオットマンの朝食バイキングは、いろいろな野菜がいっぱいですわ。野菜ではなくサラダって言えよ。。。
パンが美味しいというレビューを見ていましたけど、確かにパンが美味しかった。トルコのパンって美味しいんですね。台湾とかイタリアのパンも美味しかったけど、トルコもうまい。
逆に、豆の煮込み系の料理は、全体的にまずかったかな。阪急交通社のツアーって、どこを利用してもそんなにまずくないというのが私の印象です。

朝のイスタンブールの風景。
toruko4
バスツアーの始まる前に、ちょっとだけ散歩に行きました。
ホテルの近くの歩道橋の上から写真を撮影しましたよ。歴史を感じる色味が外国に来たことを感じさせますが、この写真を1枚見ただけではトルコであることが分かる人はクイズマニアでしょうか。
このレガシーオットマンは観光拠点としてもいい立地だったように思います。ツアーだったら、ホテルがどの場所かということは、そんなにこだわらなくてもいいんですけどね。
夜中の一人歩きとかも危険ですしね。
個人旅行だったら、いい立地のホテルを選ぶことがとても重要だったりします。


toruko5
これは、ロクムというお菓子です。意外といい値段していますよ。
超あまいです。イスタンブールだけでなく、カッパドキアでもコンヤでもアンカラでもパムッカレでもエフェソスでも売っています。日本でいう饅頭みたいなもんですかね。
試食もいっぱいしましたけど、あえて買うことはしませんでした。
トルコに来たことを実感させられる食べ物でした。
観光名所に行くと、よく売られています。本当においしいロクムはイスタンブールのどの店なんでしょかね。

toruko6

では、バスに乗って出発です。現地のDORAKツアーという旅行会社が観光ツアーを担当しました。添乗員はツアーガイドではなく、旅程を管理する仕事です。ここが日本人観光客の多くが勘違いしています。
添乗員っていうのは、タイオスに書かれていることを確実に遂行することに命をかけます。客に観光地の情報を提供することはガイドの仕事です。ここを間違えてしまっては、添乗員がかわいそうです。
観光地の情報や案内はガイドさんから聞きましょうね。まぁ、だいたいの添乗員が旅行好きなので、いろいろなことを教えてくれますけどね。
阪急交通社とかHISの激安で格安のツアーに参加するような人は、ガイドと添乗員の違いなど理解しているわけもなく・・・。仕方ありません。
で、DORAKツアーの人がガイドさんです。現地ガイドさんは、日本語が上手でしたね。
日本人観光客にうけるテッパンギャグを言うのが特徴です。ハゲを武器にするというテクニックがあります。
バスの中には、WiFiが完備でした。時々、切れるんですけどね。そして、3列シートのバスが多い中、私の乗ったバスは4列でした。4列のバスでも2席を使えたので、ラッキーでした。
やはり、主夫は閑散期でツアー客が少ないシーズンを選ぶのが大事です。気候が良くて、いいシーズンとなると9月とか10月が狙い目ですけど、ちょっと旅行代金が高めかもしれません。
「冬に極寒のトルコにくるのは日本人だけ」だと、現地ツアーガイドが言っていました。

toruko7

イスタンブールの有名観光地、アヤソフィアです。ブルーモスクとかトプカプ宮殿と並んで、有名な観光スポットです。
赤い色が特徴です。イスラム文化とかトルコの歴史が好きな人には楽しいのでしょうけど、世界史の時間は睡眠学習していたしばごには、難しいことはわかりません。
ただ、猫がいっぱいいるということは分かりました。
犬もいましたね。買い物をするための店も近くにありましたし、モノを売っている貧しい少年少女もいました。この人々もちょっと危険らしいので、気を付けた方がいいです。
少し前に、このアヤソフィアとブルーモスクの間の噴水のところで、爆発テロが起きたようなので安全面ではちょっと怖いですけど、そんなに危険な場所って感じではなかったです。
ツアー中に、てるみくらぶが倒産するのも怖いですが、テロっていうのも怖いですよね。
この場所で、ツアー客の中で離団届を出して自由行動をしようとした人がいましたけど、それは却下されていました。
離団届を出すタイミングはわきまえましょうね。
夏休みに格安旅行に行く人も多いと思いますけど、離団届を使うと、一層楽しめる場合があります。

イスタンブールの猫ちゃん。かわいいよ。おとなしいよ。

toruko8
穏やかな猫がトプカプ宮殿にいました。猫と犬が好きな人は、トルコはおすすめです。
10日間の旅行期間で猫を見なかった日はなかったと思います。野良猫用に、キャットフードを持っている観光客は旅慣れている人です。
持ち物を見れば、旅行好きな人なのかわかりますけど、ちょっとしたキャットフードとか日本のお土産とかを持ち物に加えている人は、すごいと思います。
日本のお土産は、ホテルのフロントに渡して、何かと便宜を図ってもらうときに使うようです。
100均の日本風のグッズなどが威力を発揮します。100円の投資で、ちょっとしたサプライズが待っているかもしれません。

まぁ、旅行記っていうよりも感想文みたいなブログになってしまいましたが、時々旅行記をこのブログにアップしますよ。
夏休みを超えたら、トルコ観光のベストシーズンかもしれません。格安ツアーなら英語が喋れなくても安心なのでおすすめですよ。
今、イスラム圏が危険だという人もいますけど、意外と安全で一人でも大丈夫です。穴場スポットもいっぱいありますからね。




実は、釣りの街のイスタンブール。
釣り人は、イスタンブールで釣り糸を垂らしていただきたい。絶対に楽しそう。
魚がなかなか釣れないみたいですけど。
イスタンブールでなまず釣り。【電子書籍】[ 椎名誠 ]
イスタンブールでなまず釣り。【電子書籍】[ 椎名誠 ]




いろいろな方のトルコ旅行。旅ってたのしいね。ちょいと危険なのか?

トルコは、個人旅行よりもツアーがいいと思います、私も。
バスツアーって本当に楽です。英語の心配がないのがいいです。

イスタンブールのブルーモスク、美しいです。
メヴィラーナの踊りはエキゾチックであります。
後は、ケバブサンドがめちゃくちゃ美味しかった。

あら、催涙弾ですか。テロ、怖いね。危険なのかしら。
安全度は日本やヨーロッパに比べたら低いかもね。中東に近いアジアとヨーロッパの交差点ですから。
旅行を計画している人は心配なニュースですね。


反政府デモが多いですね。治安が悪化するトルコ情勢。
観光客が巻き込まれないといいのですが。


初の海外一人旅、頑張ってくださいね。
ベネティアも素晴らしい観光地です。今度、ベネチアの旅行記を書きますわ。
イスタンブールで12時間は短すぎるわ。12日でもいいのに。


イスタンブール旅行、また行きたいですわ。
2017年の年末か2018年の冬に行こうかな。


新婚旅行でイスタンブールという人も多いようです。
食べ物がうまい場所がいいんですよね、新婚旅行は。
ドバイとかヨルダンもいいけど、トルコもいいよ。

イスタンブールプライドが中止になったようです。安全は大事ですわ。
こりゃ、大変ですね。

旧市街の街並みがイスタンブールらしくていいですよ。
美しいですからね。一人でゆっくり行きたい。

イスタンブールのスーパーマーケットって楽しいです。ビールが安いですしね。
お土産を買うなら、現地のスーパーマーケットがおすすめです。お土産物屋は高いですからね。


人生最後の気楽な旅行って、いいね。
イスタンブールの乗り継いで、日本に帰ってきてくださいね。
あら?結婚式と入社準備ですか・・・。



地球の歩き方(E 03(2016〜2017年) イスタンブールとトルコの大地 [ ダイヤモンド・ビッグ社 ]
地球の歩き方(E 03(2016〜2017年) イスタンブールとトルコの大地 [ ダイヤモンド・ビッグ社 ]
こんな地球の歩き方があるのか!
地球の歩き方は、便利です。主夫は図書館で借りていくことが多いですよ。