イグニスの動きと石井工作研究所の値動きが気になる一日でした。
Oakキャピタルはちょっとだけ売りましたわ。やれやれ。もっと大胆に儲けられればよかったんですけど、そんなにうまくいきませんな。


さて、定期的に公開している楽天証券の楽ラップの運用実績。今月はどうなりましたかね?

何もせずに、ただ眺めるだけの資産運用。ロボットアドバイザーの働きはどうだったか?特段、働いているという感じでもないんですけどね。
自分でガツガツと株で運用したほうがいいんでしょうかね?

では、2017年6月の結果をちょっと早めに出しますわ。




運用実績は続伸!まぁまぁの結果を出してます。

2017年の年初から50万円を3回に分けてラップ口座に投入しました。3回に分ける意味は特にありませんが、まぁ150万円を適当に入れていますけど、運用成績はこうなりました。


rakuten

51476円のプラスですので、150万円が155万1476円になりました。
マンスリーレポートは、続けていこうと思います。
自動積立はしていません。分かりやすいように。
150万円をエムアップかアンジェスMGにぶち込んでおけば良かった~!とかは思いません。
デジタルアドベンチャーに150万円を入れておけば、2日で300万円になりましたね(35円で買って70円で売った場合)。

それと比べては仕方ないので、まぁ良しとしましょうかね。まぁまぁですわ。REITだけがマイナスで後はプラスで運用し続けています。
比較対象は、銀行の普通預金としておきます。マイナスでなければいいというくらいの気持ちで余裕をもっての運用です。
実は、これはSBI証券のウェルスナビよりはいいんですよね。目くそ耳クソみたいな比較ですけど、楽ラップの方がいい感じです。


今後の見通しは?

手数料も思ったほど高くないですし、口コミが悪かった割には今のところ大丈夫そうなので、ひたすら放置プレーを継続します。増額はやめておこうかな。
ローリスクローリターンでチビチビ運用していくスタンスなので、とりあえずSBI証券ウェルスナビと大和証券のダイワファンドラップオンラインとこの楽天証券の楽ラップの総額300万円で様子を見ていこうと思います。
いずれも自動積立は無しです。

運用コースの変更も今のところしません。行けるところまで行ってみます。嫌になったら解約します。利益が出ている限りは続けていこうと思います。
何となく、この楽ラップなりラップ口座での運用の感想って毎月変わっていないような感じですなぁ。証券会社各社がホームページで大々的にPRして、テレビCMもやっているのに、実際は地味だなぁっていう感想ですわ。
キャンペーンをやっていて、大和証券さんなんてわざわざ電話で勧誘してきた割りには地味です。そんなもんですよね、こう言うのって。
保険会社のドル建ての資産運用色が強い保険でさえも、そんなにガチャガチャ取引したりするものではないからね。

証券会社図鑑 未来をつくる仕事がここにある [ 青山邦彦 ]
証券会社図鑑 未来をつくる仕事がここにある [ 青山邦彦 ]


楽ラップに申し込んだ頃はドキドキしましたが。。。
いざ、運用してみると、そんなにドキドキもありませんね。
仕組みはイマイチわかっていませんが、日本の株と、日本の債券と、外国の株と、外国の債券と、あとは金とかREITで運用しているけど、誰かが頑張っている感じです。
質問がある人は、どうぞコメント欄からお願いしますね。ちゃんとした回答はできないと思いますが。
意外と損をしていない状況を見ると、失敗はしなかったみたいです。この先、相場が変わるとどうなるんだろうか?今は、株式市場が活況なのでいいんですけどね。

松井証券の投信工房にも入れておこうか?
松井証券のラップ口座みたいなのもありますよね。松井証券の口座は、10万円以下の株主優待GET用にしているので、まぁ申し込みしなくていいのかなっていう感じです。
具体的には、インプレスとMHグループを持ち続けています。チビチビ買っていきましたが、手数料は0円ですからね。
松井証券さん、ごめんなさい。

今のところ、大きなデメリットも見つからないので、楽ラップは継続で行きたいと思います。


他の人の運用実績は?利回りはどうなのかな?
とりあえず、少額で試してみようという人も多いですかね。
ロボアドバイザーってちょっとかっこいいね。
でも、最近流行りかと言われると、それは微妙。

まぁ、似たようなものですね。リバランスとかしているのかなぁ。

お、投信工房さんもやっているね。
一番口座数が多いのは、ウェルスナビなのかな?SBI証券は口座数が多いですからね。

手数料の安さだったら、楽ラップなんでしょうか。
他の人のレビューを見ながら、投資判断をしていきたいと思います。


楽天証券で「投信」積み立てを始めよう!
ダイヤモンド・ザイ編集部
ダイヤモンド社
2013-06-21