昨日は大学野球選手権を見に、神宮球場に行ってきましたが、今日の決勝戦はNHKのBSで中継があるので、ゆっくりとビールでも飲みながら見たいと思います。
新しく買った大きなテレビで見る野球は楽しいです。比較的、安上がりな趣味であります。


さて、最近ときどき目にするエコーチェンバー現象とかエコーチェンバー化とか、聞いたことがありますか?
エコーチャンバー現象とかエコーチャンバー化とかいう場合もありますが、チェンバーでもチャンバーでもどっちでも同じ意味だと思います。「ねーちゃん」を「ねーちぇん」って間違えたらダメですけど。
このエコーチェンバーとは何か?


エコーチェンバー(エコーチャンバー)とは?


エコーチャンバーとは、難しい言葉ですけど、音が小さな部屋で共鳴することから名付けられた言葉で、SNSで自分と考え方や趣味嗜好が同じ人だけとコミュニケーションをしているうちに、視野が狭くなってくるような現象をさしています。また、そうなって行くことをエコーチェンバー化と言ったりするようです。
SNSを上手に使って、SNS疲れが起きないようにするために、嫌いな人や嫌な人をブロックしたりミューとしていくうちに、だんだんと自分と同じような人に集約されていく感じですね。
こんな現象がエコーチェンバー現象と言ってもいいでしょう。
私も、Facebookとかtwitterとかインスタグラムをやっていますけど、昔の会社の人の人とか、昔の知り合いであまり興味がない人をブロックしたりしてきました。また、自分の投稿をその人に見せないようにしてきました。
そうすると、あまりムカつく投稿がタイムラインに出てこないようになりました。
それはそれで快適です。
各SNSは、結構、趣味によって使い分けていて、株関連や主夫関連ではやっていないけど、趣味の野球関係とか食べ物関係とか柴犬関連と、使い分けています。
たくさん投稿することはしないけど、情報を収集するためのニュースサイトのような使い方としています。
そうすると、少しなりともエコーチェンバー化が起きていると考えさせられます。

会社の愚痴ばかり書いている人とか、韓国や中国のことを批判している人や、自慢ばかりしている人や、食べたものを投稿している人や、政権批判をしている人とか、そんな人はブロックしていったら、比較的、変な投稿を目にする機会は減り快適に使えるようになり、SNS疲れは少なくなってきました。ある統計によれば、今年は昨年に比べてSNS疲れの人が減少してきて、その理由は「SNSの使い方が分かってきたから」というのが1位だそうです。
その代わりに、エコーチェンバー化が起きてエコーチェンバー現象といういる意味、新たな弊害が起きてきているというのです。



メロディーズ・エコー・チャンバー
メロディーズ・エコー・チャンバー
ホステス
2012-10-17


例を挙げると、私のインスタグラムのタイムラインには、かわいい柴犬の写真を上手に投稿している人の写真が並んでいます。
私は、柴犬が好きだから、それを見ているだけでも癒されますが、世の中が柴犬だらけではないんですよね。でも、だんだん、柴犬こそが犬の代表で柴犬以外はかわいくない!なんていう考えも起きてきそうです。
facebookは、利用機会が減ってきたけど、まぁ会社で苦しんでいる人の表示をしないようにしてきたおかげで、たくさんいた昔の同僚とのコミュニケーションが無くなりました。それはそれでいいんだけど、サラリーマンの世界はすることがなくなりましたね。

だからどう対策をすればいいのか?
対策と言っても、ネットの使い方をわきまえる方がいいですね。twitterもFacebookも自分の行動を逐一アップして嫌われるよりも、好きな情報を適度に収集して、それが全てではないということを考えておいた方がいいですね。
不特定多数とのコミュニケーションで「いいね!」を貰って、何がうれしいのか?って思うこともあります。でも、「いいね!」を貰ってちょっとうれしかったり、やっていて嫌な気持ちになったりしますね。
1円のお金にもならない投稿をして楽しめれば、1円以上の価値があるってことですしね。
嫌ならやらなければいい。そんな気持ちでSNSを使って、エコーチェンバー現象というものも意識しつつ、楽しく使っていきたいものです。

アウトサイド・ジ・エコー・チャンバー/コールドカット×オン・ユー・サウンド【2500円以上送料無料】
アウトサイド・ジ・エコー・チャンバー/コールドカット×オン・ユー・サウンド【2500円以上送料無料】


別に昔からあることで、今始まった訳ではないんですよね、エコーチェンバー。


ふむふむ、勉強になりますねぇ。


ネット社会学の観点でも話題になっているんですね。
研究者って楽しそうね。エコーチェンバー化って覚えておこう。