今日のトレードは、なかなかうまくいきませんでした。
長いこと保有していたブレインパッド(3655)さんを半分売りました。20%以上の上昇でしたけど、長いこと保有していたので「もっと早く売ればよかった・・・」という気持ちの方が大きいですわ。
1300円台で売るチャンスはいっぱいあったのになぁ。ビッグデータ分析に期待して、残りの株が上がるといいですわ。
売ったお金で、狙うのは「みんなのウェディング(3685)」です。夢みつけ隊も狙っていますが、どうでしょうかね。

大和証券のダイワファンドラップに申し込んだ!
昨日、大和証券の戸塚支店のお姉さんから電話がかかってきました。
ダイワファンドラップの勧誘のお電話でした。お姉さんなのかおばさんかは、電話では不明ですが、かわいいお姉さんであると想像して話を聞いてみました。
なかなか話を聞かない女っていう雰囲気でしたけど、まぁ、がんばって説明してくれました。
大和証券は、2000年頃に口座を開設して以来、苦楽を共にしてきた証券会社です。大和ダイレクトは、同時は手数料が安かったのですよね。
でも、今では、楽天証券や松井証券やSBI証券よりもはるかに高い手数料体系です。
野村証券も大和証券も大手だから手数料は高いに決まっていますわ。でも、一応、口座は何かのために残しておいていました。
塩漬けすぎる銘柄が3銘柄、漬かっています。宝ホールディングスは、そろそろ売っちゃおうかな。
手数料が高いので、大和証券を使って頻繁に売買することはありません。




ダイワファンドラップって、評判が悪いけど、実際はどうよ?

そして、今回の電話で、久しぶりにお金をダイワファンドラップに100万円移してみました。
楽天の楽ラップとかSBI証券のウェルスナビでも、ちょびちょびと運用実績が出てきましたが、銀行の普通預金よりは良いと思います。
証券会社のお姉さんや銀行のお姉さんが勧める投資信託なんか、絶対に買ってはダメですけど、ファンドラップはまぁ損はしないんだろうという甘い考えのもと、100万円を申し込みしました。
手数料は、楽天証券が1%を切るお安い設定に対して、ダイワファンドラップは1.18%です。
大和証券のダイワファンドラップって言うのは、300万円から申し込めるイメージがあったのですが、ダイレクトコースは50万円から申し込みができます。
ついでに、今はキャンペーンもやっているので、おすすめですよ・・・。
このオンラインの方で、100万円入れると、5000円のプレゼントのようです。
ネットを見ると、悪い評判が多かったですねぇ。そんなにダメなのか?評判よりも運用実績で判断したいと思います、とりあえず。
このブログでも運用実績を公開していこうと思いますね。





ただできるのであれば、今は、ちゃんと国内株式か海外株式できちんと運用した方が良いと思います。債券市場よりも株式市場にお金が流れてきていますからね。だから、債券は少なめにしておいて、数年間で1万円でも増えていればいいだろうという気持ちでの勝負であります。
銀行の利息よりはいいでしょう・・・。


リスク許容度とかシミュレーションをして、こんな感じで申し込みました。
後は、放置プレーです。
daiwa
日本債券とREITが少なめで、日本株式と外国株式が多めの、ちょっとだけ強気のプランです。
果たして、基準額を下回ってしまうのか?
今のところ、SBIに50万円、楽天の楽ラップに150万円、そして、ダイワファンドラップに100万円という300万円をロボアドバイザーが運用しています。
どうぞ、よろしくお願いいたします~ (誰に言っているんだか)


これから始める!2020年への株式投資 [ 大和証券株式会社 ]
これから始める!2020年への株式投資 [ 大和証券株式会社 ]