全日本大学野球選手権も大詰めですね。上武大学対国際武道大学の準決勝戦が楽しみなところです。
まぁ、平日の昼間に野球を見られるのが専業主夫トレーダーのいいところでもあります。
今日もスターティアが急騰してしまいました。もちろん、S高になる前にさらに半分売ってしまいました。
神宮球場に行っていれば、売り注文を出していなかったのに・・・。いや、もっと安く売ってしまっていたな。

一応、投資家なので新製品とか新商品はチェックします。

しばごは、一応、株をやっているので、新商品には敏感です。プレスリリースなどもチェックしますので、新しい製品が出た時には、ちゃんとチェックするようにしています。
今日は、資生堂のスキンケアブランドの「ワソウ(WASO)」って言うのがローンチされたようです。
まずは、アメリカとアジアでの販売で、その後、フランスでの販売をする新ブランドだそうです。

Shibago is tentatively holding shares, so it is sensitive to new products. I will also check press releases, so I will try to check properly when new products come out.
Today, it seems that launching Shiseido 's skin care brand "WASO" is called.
First of all, it sells in the US and Asia, then it seems to be a new brand to sell in France.

資生堂はスキンケアブランド「ワソウ(WASO)」をローンチし、ミレニアル世代の獲得を狙う。7月に米国とアジアの一部で発売し、その後、フランスなどへ販路を広げる。日本での発売は未定。

WWDの記事は、こちらです。
資生堂が新スキンケアブランド「ワソウ」を発売


グローバル展開は成功するのか?

資生堂の株は、私のポリシーからすると、投資対象外なんですよね。株価も割高だし、時価総額の大きな銘柄はあまり手を出しません。でも、絶対に売買しないかと言うとそんなわけでもありません。
まぁ、極端に下げた時には買うこともありますけど、基本的にはいい商品やいいブランドを立ち上げたと言って株を買うことはしません。
日経ラジオを聞いていると、時々、いい商品や好きな商品が出て、ファンになって株を買う投資家っぽい人が出てきますけど、そんな投資家はそんなに儲けていないのではないかと思います。
必ず守っている投資ルールは「信用取引禁止」というだけですけど、資生堂は今の株価水準だったら手を出しませんね。

Shiseido 's stock is not subject to investment from my policy, is it? Stock prices are also expensive, and stocks with large market capitalization do not handle much. However, it is not such a thing to say whether or not to sell or buy it absolutely.
Well, it may be bought when you lower it extremely, but basically I will not buy shares saying that I have launched a good product or a good brand.
When listening to the Nikkei radio, sometimes good products and favorite items go out and people like investors who buy stocks become fans, but it seems that such investors are not profitable so much think.
The investment rule that always protects is "margin trade prohibition", but if Shiseido is current stock price level it will not take out hands.


資生堂 イブキ マルチ ソリューション ジェル 30ml 並行輸入品
資生堂 イブキ マルチ ソリューション ジェル 30ml 並行輸入品



で、このワソウに話を戻しますと、資生堂の執行役員でSHISEIDOブランドディレクターの岡部義昭さんによると、消費者との接点がSNSによって多様化したと述べているようです。
確かに、マーケティングツールとしてのSNSは、今やテレビを凌ぐ効果もありますしね。
ワソウのターゲットユーザーは、20歳から24歳と若い層で、すべての肌のタイプに向けて、ハイテクとナチュラルを組み合わせた商品を提案するとのことです。
WASOという名前からも分かるように「和」がテーマで、原料には、ニンジン、ビワの葉、梅、はちみつ、しろきくらげを使っているみたいです。

According to Yoshiaki Okabe, Shiseido executive officer and SHISEIDO brand director, it seems that the point of contact with consumers is diversified by SNS.
Surely, SNS as a marketing tool now has an effect that surpasses television.
The target user of Wasoh is to propose products combining high-tech and natural for all types of skin, young people 20 to 24 years old.
As you can see from the name WASO, "Washi" is the theme, and seems to be using carrots, loquat leaves, plums, honey, and chunky furries.




このワソウっていうネーミングも徹底的にマーケティングコストをかけて、あーでもない、こーでもないって企画担当者が頑張ったんでしょうね。英語の響き的にはどうだとか、フランス語ではこうだとか、いろいろな分野から商標調査をするのでしょう。
そして、ワソウが決まったに違いない。車の名前なんかも、かなり多くの言語で悪い意味になっていないかということを調査します。
その結果、同じ車での違う名前で売ったりするのはごく日常的なことになっています。
例えば、昔のいすゞビッグホーンっていうSUVがありましたけど、あれはそのままアメリカに持っていったら、あそこが大きな男の人を意味するようでして、恥ずかしい名前の車になっているみたいです。
同じような例で、トヨタのVitzですが、ヨーロッパではヤリスという名前で販売しています。ヴィッツって言うのも、浜松市界隈では女の人のアソコを意味する方言に似ていて、ちょっといやらしい感じがするんですよね。まあ、若い人は知らない言葉なんでしょうけど。



これは、ワソウですけど、モンチッチの「和装」ね。。。
モンチッチって久しぶりに見たぞ。
モンチッチ ウエディングマスコットセット ワソウ
モンチッチ ウエディングマスコットセット ワソウ
和の心を大事にしたいものです。





ワソウの価格帯は?

ワソウというブランドは、資生堂のスキンケアブランドの中ではエントリークラスに位置付けられます。ヨーロッパでは、クイックジェントクレンザーが33ユーロからだそうです。ちょっと安めの価格設定ですかね。
イブキというブランドは、もう少し上の世代がメインターゲットのブランドですので、そこよりは若い人がメインターゲットのブランドとのことです。


「和」な感じの新ブランド、どうなるかチェックしていこうと思います。
そう言えば、マツダも和な感じのネーミングをいっぱいしていたんですが、あれらはどうなってしまったんだろうか?

※資生堂のグローバルブランドなので、一部グーグル翻訳を使って、コピペしていました。なお、しばごは全く英語ができません。