都市対抗野球予選が真っ盛りですね。
今日はホンダがオールフロンティアに敗れるという波乱がありました。都市対抗野球予選って何てこんなにドラマが起きるんでしょうかね。
オールフロンティアは春日部市の中古車販売業や車検などの多角化経営しているコングロマリットのような会社です。前日には新日鐵住金かずさマジックを下しましたし、南関東大会でクラブチームが第一代表になると面白すぎます。
第一代表決定戦は日通との対戦です。
東海地区では、東邦ガスが3年ぶりの都市対抗野球出場のようです。

さて、そんな中、ヤフーのトップには面白い野球の記事がありました。
スポーツ報知の記事ですが、巨人の3軍を相手に高校生投手が投げるんだとか?プロアマ規定があって、高野連に登録している高校生がプロを相手に投げるなんて難しいと思ったのですが、どうやら高野連に登録していないピッチャーのようです。
フリーのピッチャー?帰宅部の野球がうまい高校生?と思ったけど、クラブチームに所属している選手のようです。

彼の名は、渡辺明貴(あき)君。いい名前だ。身長は186センチの長身らしい。



渡辺明貴(あき)投手の正体は?

滋賀ユナイテッドに所属している投手で、高校は第一学院高校の甲府キャンパスに通っているらしい。通信制の高校なので学校では野球をやっていなくて、高野連には登録していないのですね。
もともとは山梨県笛吹市の出身で、笛吹ボーイズでプレーをしていたようです。その後、日本航空高校でもなく山梨学院高校でもなく、東海大甲府高校でもなく、甲府工業でもなく静岡県内の高校に進学するも、環境に馴染むことができなくて3か月で退部したようです。(静岡の高校ってどこだ?いじめか?)
そして、野球推薦で高校に行ったこともあってなのでしょうか、高校も転校したようですね。地元に戻って、山梨球友クラブに入ったみたいです。

【中古】 完全版 プロ野球人国記 信越・北陸編(信越・北陸編(長野県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県)) 完全版 /ベースボール・マガジン社(編者) 【中古】afb
【中古】 完全版 プロ野球人国記 信越・北陸編(信越・北陸編(長野県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県)) 完全版 /ベースボール・マガジン社(編者) 【中古】afb

それが良かったんだと思います。
山梨球友クラブは、都市対抗野球の西関東予選にも参加しています。神奈川のクラブチームや企業チームよりは力が劣るものの、いいチームなんですよね。
そして、山梨球友クラブにいるときに、滋賀ユナイテッドのトライアウトを受けたようです。
高校野球ではなく、クラブチームからNPBに入団したら、これまた新しいパターンですね。新日本石油ENEOSの田沢純一投手がNPBに入らずにアメリカ大リーグに入団した時のような驚きがあります。
田沢の前には後松重栄(うしろまつじゅうえい)っていう大曲工業のピッチャーが大リーグのマイナー契約していましたけどね。





渡辺明貴投手、いい顔だぁ!
スポーツ報知の写真を見ると、なかなかいい顔をしている投手だと思いました。素直な性格のような感じがします。
記事の内容によると、渡辺明貴投手は、「迷惑をかけた親に恩返しがしたい」とありました。なかなか高校生でこんなことは言えません。
私も、見る機会があったら応援したいと思います。
ちょっと注目を浴びて、大変なこともあるかもしれませんが、プレッシャーに負けずに頑張ってほしいと思いました。

なお、滋賀ユナイテッドって上園
啓史が監督をやっているし、コーチに桜井広大がいるし、とてもいい環境だと思います。どんな成長が待っているんだろうか。
すでにMAX144キロだから、楽しみです。




日本ハムとか好きそうだなぁ。


めっちゃバランスがいいね。
ソフトバンクの育成で育てればいいピッチャーになるよ。


高校生とは思えない。