最近の老人も、老害だらけと呼ばれるヤツばかりですが、若者もどうも日本の将来を不安なのか、まともなやつが少ない気がします。
ネットが当たり前の中で成長している世代と、私たちのような途中からインターネットに触れている世代とは、感覚は違うんでしょうかね。

さて、そんな中、国際情報オリンピックが開催され、日本から参加している4人の高校生がいい成績を収めたらしいです。

文部科学省は10日、中央アジアのアゼルバイジャンで開かれた「国際情報オリンピック」で、日本代表の高校生4人全員がメダルを獲得したと発表した。金が1人、銀が3人だった。今年は87か国・地域から327人が参加。
アゼルバイジャンがそもそもどのあたりにあるかわからない人もいますけど、ユーラシア大陸のどこかです。韓国よりも西でフランスよりは東だと思います。
中央アジアということは、タジキスタンとかトルクメニスタンとか、そっち方面ですか?
それはさておき、国際情報オリンピックというので、日本代表の4人にあっぱれですね。
4人とは・・・、米田優峻(まさたか)くん(東京・筑波大付属駒場高2年)、戸高空くん(宮崎・県立宮崎西高3年)、行方光一くん(東京・筑波大付属駒場高3年)、平木康傑(やすたか)くん(兵庫・灘高2年)の4人です。
今、夏の高校野球の真っ盛りですが、高校野球に出場している高校はさすがにないですね。

筑波大学付属駒場高校は、名門ですね。しかも米田優峻くんなんて、いかにも親が賢そうです。賢くなければ、優峻なんていう名前は付けないですね。この米田優峻くんが金メダルだそうです。
プログラミングとか、普通にできちゃうんですよね?(違う?)

戸高空
くん・行方光一くん・平木康傑くんの3人が銀メダルだということですが、そのすごさが分からないです。多分、がくがくぶるぶるの驚愕してしまう知能の持ち主なんでしょうね。ADHDとかだったりするのかなあ。
戸高空くんは、宮崎県立宮崎西高校っていうのがいいですね。優秀な高校です。東大とか京大とか九州大学とか、そういうところに行くのか、それとも海外の大学にいくのでしょうか。
灘高校の平木康傑くんは2年生なので、来年も楽しみですね。


スポーツ・インテリジェンス オリンピックの勝敗は情報戦で決まる (NHK出版新書) [ 和久貴洋 ]
スポーツ・インテリジェンス オリンピックの勝敗は情報戦で決まる (NHK出版新書) [ 和久貴洋 ]


国際情報オリンピックってなんだ?

数学オリンピックもさっぱりですが、技術五輪とか、いろいろなオリンピックがある中で、国際情報オリンピックがそもそも何なのか?世界の87か国から参加者がいて、327人も何を競うのか?分析力とか情報科学の理解力とか、そんなのを競うって言われても、単純な物理や化学の知識じゃないんでしょうね。
でも、日本人がいい成績を収めたのは、文部科学省としても嬉しいことでしょう。
韓国人に負けなくてよかった。。。と思う人もいるのかな?




なんか、おめでたいことであります。




佳子さまは、可愛いですね。
どんな大人になるのだろうか・・・・。

国際情報オリンピック、これからちょっと調べてみたいと思います。


話したくなるオリンピックの歴史 オリンピックの謎をひもといてみよう! [ コンデックス情報研究所 ]
話したくなるオリンピックの歴史 オリンピックの謎をひもといてみよう! [ コンデックス情報研究所 ]