専業主夫をテーマにしたドラマと言えば、真っ先に思いつくのは阿部寛のアットホームダッドです。
アットホームダディではないですよね。。。

阿部寛は、濃すぎるのであまり好きな俳優でもないですけど、いい演技していましたね。さすが、大物俳優です。
2004年に放送していたドラマですが、その当時はサラリーマン真っ最中だったので見ていませんでした。夕方に再放送をしていたのを見たのですが、面白かったです。

篠原涼子がかわいかったなぁ。。。


 

マイホームを手に入れたけど、クビになった阿部寛


CMディレクターだった阿部寛演じる山村が専業主夫役だったわけですけど、家庭の役割を考えさせられるいいドラマでした。宮迫とか中島知子も出ていました。中島知子もおかしくなる前でしたよね。
宮迫も阿部寛の先輩専業主夫として、立派な主夫をこなしていましたけど、あんな典型的な専業主夫は少ないと思います。
時代を先取りしているということではなかったのですね。

 アットホーム・ダッド スペシャル [ 阿部寛 ]
アットホーム・ダッド スペシャル [ 阿部寛 ]


再終回の結末は、阿部寛が仕事よりも専業主夫を選んだという事だったと思いますけど、とてもいい結末だったと思います。
しかし、あの放送から10年以上経過しても、そんなことはどうも世間的には認められていない感じですわね。
まぁ、専業主婦も働いて、税金を納めて、一億総活躍時代ですからねぇ。


ロケ地が横浜市瀬谷区のマークスプリングスでした
このドラマ、横浜で撮影されました。マークスプリングスという洋風の一軒家が並んでいる美しいエリアです。
瀬谷区って、結構、ゴチャゴチャしている場所もあるんですが、環状4号線沿いにはいい空間が広がっている場所があります。米軍の関係ですかね。
瀬谷西高校のあるエリアの海軍道路なんかはその象徴ですもんね。
でも、実際にはあのエリアで専業主夫ができるためには、家のローンを払って家計を支えるだけの猛烈な妻の収入が必要ですね。
オセロの中島は、派遣会社の社長の役でしたけど、やはり役員とかそれくらいの収入がないと支えきれませんよね。
瀬谷区で4LDKの一軒家を購入したら5000万円くらいするんでしたっけ?考えたことも無いわ。
ローン地獄って、本当に人生にゆとりが無くなってしまいますね。
マークスプリングスに住んでいる人って、どんだけの収入があるんだろ?瀬谷区の専業主婦って何かいいなって思うんですが。

ロケ地に関して言うと、カルフールの南町田も出ていましたね。今は、ケーズデンキになっているところです。南町田のグランベリーモールがあった場所の近くですけど、そのアウトレットモールも今は閉鎖されてしまいました。
いつも利用していたしばごにとっては、ちょっと痛い閉鎖だったんですけど、時代の流れですね。
東急系のマンションでもできるんでしょうね。ナイキとかアシックスとかアディダスが安く買えるので好きだったんですが・・・。


それにしても、専業主夫のドラマって、なかなか少ないですね。
鬼嫁日記も アットホームダッドの後に放送されたのですが、その後は連ドラは少ないです。
そろそろやるんかなぁ。専業主夫がテーマでは、視聴率が稼げない時代なんですかね。
今はテレビドラマは苦戦していますからね。




しかし、この篠原涼子はかわいい。中島知子は元気。宮迫と阿部寛はそんなに変わらないね。
 

なお、香港旅行では香港の主婦が買い物をしている青空市場(北角)の様子も見てきました。
パワフルでしたね。
鮮魚も精肉も買いたかったんですけど、さすがに旅行中なので買えませんでした。菜花とか豚肉とかイカとか、買いたかったなぁ。フルーツも美味しそうで安かったし。

hongkong7