ダルビッシュ2世とか大谷翔平2世とか、そんな野球のピッチャーの素材はいっぱいいますが、左腕だと菊池雄星2世って呼ばれるんでしょうか。
でも、最近は大船渡高校の163キロの右腕、佐々木朗希くんが話題ですよね。
さらに、その佐々木朗希くん2世の逸材が話題になっています。

金野快(こんのかい)君という平田小学校の投手で、今は軟式野球の釜石ファイターズの右腕だそうです。新日鉄釜石のイメージのある釜石で、将来有望なピッチャーはどんな球を投げるのでしょうか。
日刊スポーツの記事によると、こんな風に紹介されていました。
力みがなく、しなやかなフォーム。回転の良い直球にスピードガンを向けると初速102キロ、終速96キロ。伸びがいい。最速は105キロだという。小6春の時点では相当速い。

すでに「お墨付き」もある。今年1月、ソフトバンク工藤公康監督(56)が野球教室で釜石に訪れた。いつも熱心な指導を展開する同監督が「直すところがない」と快君を絶賛し、関係者には「お願いだから大事に育ててください」と伝えたという。

同級生で頭1つ大きいという163センチ右腕のあこがれは、やはり同じ三陸育ちで6歳上の163キロ右腕。「すごい。あこがれる存在です」とYouTubeでよく動画を眺める。実績もついてきた。市選抜チームの大黒柱として、すでに全国大会1勝を経験。5回11奪三振の投球をするなど、すでに三陸では無敵の存在になりつつある。
小学生で、MAX105キロですか。
確か、私は大人になった時に日本ハムファイターズのイベントで、球速を測るコーナーで投げた最速が105キロでした。
全盛期で思い切り投げて105キロだったのに、小学生で105キロって、かなり速いですね。
釜石での野球教室で工藤監督が絶賛しているということも素敵な情報ですわ。
佐々木朗希くんも、体が追い付いていないから140キロにセーブして投げていたという情報がありましたけど、まぁ、大事に体を作ってほしいと思いますわ。

全国大会も経験して、地元ではかなり期待されていると思います。
気になるのは、進学先ですね。中学でも、中高一貫の高校の理事長が狙っているのかなぁ。
東北エリアだと青森には青森山田とか光星学院があるし、他にも明桜とか東北とか仙台育英とか聖光学院とか、一関学院とか・・・いろいろな私立の強豪高校があるので、どの高校に進学するのか気になるところです。まだ、中学生にもなっていないのですが。


野球小僧ー懐かしの野球ソングコレクションー [ (オリジナル・サウンドトラック) ]
野球小僧ー懐かしの野球ソングコレクションー [ (オリジナル・サウンドトラック) ]



金野快くんは、どんなYoutubeの動画を見ているのかな?

佐々木朗希くんの動画はいっぱいあります。どの動画を見ているのでしょうかね。


出来れば、岩手県内の公立高校に行ってもらいたい感じがします。大船渡高校もいいですね。盛岡市内の高校でもいいけど、やはり平田球場の近くにお住いと言うことですから、大船渡高校で佐々木君を指導した監督さんの指導を受けてもらいたいものです。
岩手県の指導者と言うと、花巻東の監督さんもいい監督さんですよね。
出来れば、高校進学後は、日本製紙石巻とかトヨタ自動車東日本とか、TDKとか七十七銀行のような社会人を経て、プロに進んでほしいです。
その方がいいよ、絶対に。都市対抗野球は楽しいから。




前述の日刊スポーツの記事をもう少し引用しますね。

3月末、佐々木は練習試合で訪れた千葉県の球場で「今の小学生とか、野球を始める子に、沿岸みたいに野球が盛んじゃないところでも(プロに)行けるんだということを伝えたい。そうなれば夢があると思うし、そういう存在になれたら」と話していた。呼応するように台頭した、プロ野球を夢見るスーパー小学生。さらなる復興へ進む令和の三陸で、野球少年たちがその推進力の一翼を担っている。
佐々木君は良いことを言うねぇ。
中学も高校も地元がいいよね。
スーパー小学生として期待しすぎるのも良くないけど、やはり令和の時代は三陸で育ってほしいな。


いい名前ですよね。


【中古】 中学野球小僧テクニカル バッティング編 白夜ムック394/旅行・レジャー・スポーツ(その他) 【中古】afb
【中古】 中学野球小僧テクニカル バッティング編 白夜ムック394/旅行・レジャー・スポーツ(その他) 【中古】afb

応援していきたいと思います!
がんばれ、今野ではなく、金野快くん!