専業主夫のしばごです。
専業主夫はデパートなんかでは買い物はしません。試食はしますけどね。
最近のデパートの利用は、デパートでしか売っていない獺祭を買ったときだけですね。
あえて、デパートという感じではないので、百貨店は苦戦していますね。

そんな中、ギンザにGINZA SIXがオープンしますね。松坂屋の跡地ですよね。ギンザシックスでもGINZA SIXでもいいみたいですけど、銀座6ではないのかな。
女子高校生かOL風に言えば、ギンロクになるんでしょうか。

そんなギンザシックスですが、あえて松坂屋の名称を用いずに大型商業施設を作るというチャレンジでもあります。松坂屋が新しくなっても、私はあまり利用しないと思わないけど、GINZA SIXなんて言われたら、ちょっと立ち寄りたくなります。
レストランは利用しないかもしれないけど、 パン屋だったらちょっと立ち寄って買いたくなるかも。私の好きな、クイニーアマンとかツイストドーナツは売っているんだろうか。
ギンザシックスに入っているパン屋は、「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」と「ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ」の2店舗。
ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュは、 ドンクが引き継いだお店のようです。フランスのパン屋さん、私の口にはあいそうにありません。
硬いパンとかレーズンが入っているパンは食べませんからね。しばごは、レーズンが嫌いなのですわ。



 
ヴィエノワズリー ジャン・フランソワは、 こちらの記事を見る限り、モンジュさんよりは美味しそうな感じがしました。偉そうなパンには違いなさそうですけどね。
クロワッサンは美味しいですからね。
でも、業務スーパーのコストパフォーマンスには負けると思います。比較対象が業務スーパーとかヤマザキとなると、なかなか苦戦するでしょうけど、銀座にあるパン屋はレベルというか戦う舞台が違うからね。
なお、恵比寿にある俺のパン屋みたいなところの1000円の食パンは、大変おいしかった記憶があります。もちもちの食パンでした。

 
ヴィエノワズリー ジャン・フランソワさんのWチーズケーキデニッシュ(380円)は、とても美味しそうです。
ほっともっとののり弁は平日290円ですけど、それよりも90円も高い。
業務スーパーの食パンは68円ですけど、それよりも高いデニッシュ。もし、銀座に行ったら買いたいと思います!

 
ギンザシックスにはどんな店舗が出店したのか?

銀座エリアで最大規模の47000平方メートルって言うんだが、よく分からない。
銀座松坂屋の跡地って言われると、だいたいわかるんですけどね。そこには、ルイヴィトンとかディオールとかそんな一流ブランドが入っているらしいけど、しばご家には一生関係ないお店でしょうね。
せいぜいUNIQLOかGUがあれば・・・って思うけど、最近はUNIQLOも高いですからね。
UNIQLOよりも安いのは、洋服の青山のワゴンセールです。300円でいい洋服があります。500円のアウターはなかなかしっかりしていますしね。


ギンザシックスは、大丸松坂屋のJフロントリテイリングだけじゃない!
松坂屋は大丸と組んだわけですけど、株をやっている人にはJフロントリテイリングっていう銘柄はお馴染みですね。
一般には、Jフロントって言われても、それは軽自動車?って感じなんでしょうけど。(それは、スズキ フロンテや!)
ただ、このGINZA SIXは大丸松坂屋以外にも、森ビルとか住友商事などが出資した新会社(GINZA SIX リテールマネジメント)が施設の運営をするみたいです。
三井不動産が運営している施設(東京ミッドタウンとか)とはイメージが違うんだろうね、きっと。


Jフロントリテイリングは買いか?
Jフロントの社長は、脱百貨店と掲げているようです。
オープンイベントでは、「呉服屋から百貨店に変わった時と同等のレベルの変革をしていかなければいけない」と挨拶したようです。
確かに、百貨店では、なかなか足は向かないですからね。
中国人の大型バスは行くかもしれませんけど、日本人は一度行っても良くない場合はリピートしませんからね。
なお、このGINZA SIXには、中国人観光客が大型バスで乗り付けてきたときに対応するスペースもあるようで、そうなると、中国人が嫌いな日本人にとっては嫌な感じになるんだろうな。
百貨店のビジネスモデルはどう変わっていくのか、楽しみにしたいと思います。
百貨店関連の株には投資したことがないけど、どうなんだろうか・・・。

百貨店とは
飛田 健彦
国書刊行会
2016-12-28