韓国の会社の経営者が、元社員に平手打ちをしていた様子がネットに公開されていましたが、日本であれ韓国であれ、暴力はいけませんね。
韓国人だからと言う理由で差別することはいけませんけど、日韓の難しい壁ってあるますなぁ。
なお、私は韓国は好きですよ。ソウルにも何度か旅行で行っていますし。

さて、顧客のお金を管理しているような感じで1億8000万円も着服してしまった韓国人が逮捕されたようです。しかも、大阪弁護士会に所属している弁護士だったんだとか。
なかなか大きな金額であります。


日本ヤクザ「絶滅の日」 元山口組顧問弁護士が見た極道の実態【電子書籍】[ 山之内幸夫 ]
日本ヤクザ「絶滅の日」 元山口組顧問弁護士が見た極道の実態【電子書籍】[ 山之内幸夫 ]

韓国籍の小原滝男こと洪性模容疑者は66歳。

大阪地検特捜部が逮捕したのは、大阪弁護士会所属で韓国籍の小原滝男こと洪性模容疑者です。洪三と言うと、日韓戦のサッカーでお馴染みの選手を思い浮かべてしまいます。
この洪さんは66歳だそうです。
特捜部の発表によると、小原滝男こと洪性模容疑者はお客さんであるビル管理会社がサブリース会社から受け取ったお金を管理するという業務を委任されていたけど、そのお金を着服しちゃったようです。自分名義の口座に入れてしまって、ばれないとでも思ったのでしょうか。
韓国に逃走してしまおうとしたんでしょうか。

まぁ、業務上横領容疑で逮捕されても、こんな人はまたどこかで悪いことをしそうな気になってしまいますわ。

毎日新聞には、このように書かれていました。
逮捕容疑は2013年5月~14年12月、管理する口座に入金された約1億8200万円を別の口座に移すなどして横領したとされる。特捜部は認否を明らかにしていない。

 弁護士会などによると、洪容疑者は不動産管理会社が滞納者に賃料を請求した訴訟の代理人で、ビルを借りた会社から支払われる賃料相当の損害金を管理していた。口座に入金された損害金が不明になったとして弁護士会が調査。洪容疑者は「一部は口座や貸金庫に保管している」などと説明したが、弁護士会は今年3月、誠実な回答がなかったとして業務停止3カ月の懲戒処分にした。
1億8200万円かぁ。
手口が悪質だと思いましたけど、悪い人は本当に悪知恵が働くものですな。
一家で詐欺をしていた人も逮捕されていたけど、まぁダメなものはダメってことで。


必携 実務家のための法律相談ハンドブック【電子書籍】[ 第一東京弁護士会 全期旬和会 ]
必携 実務家のための法律相談ハンドブック【電子書籍】[ 第一東京弁護士会 全期旬和会 ]

「こうせいも」って読むのね。

在日の人を嫌う人って多いですよね。

着服はダメだ。

何系かなぁ。谷啓さんは、元気かなぁ。
がちょーん。


在日特権と犯罪【電子書籍】[ 坂東忠信 ]
在日特権と犯罪【電子書籍】[ 坂東忠信 ]