もししばごが女なら、医者か一流自衛官と結婚して専業主婦になりたいかな・・・と。
専業主婦っていいですよね。
まぁ、男でも立派な妻と結婚して、専業主夫ですが何か?

しかも、子どもがいない「子なし専業主婦(主夫)」となると、世間様からいろいろなバッシングもあるようです。
子なし専業主夫は少ないのですけど、子なし専業主婦さんは多いので、いろんなことを言われるでしょう。
「働かないの?」とか「いい身分ねぇ(嫌味っぽく)」とか「昼間、何してるの?(妬みっぽく)」とか、そんな感じのことは言われているし、思われているでしょう。


 



専業主婦で旦那がOKだったら、そんなにいいことはありません。
サラリーマンでヒーヒー言いながら夫が働き、妻がゴロゴロしているのはちょっといただけないけど、そうじゃなければいいと思います。
いい男を捕まえましたね。

ただ、「専業主婦 子なし」なんていうと、精神的に苦しんでいる人も少なくないみたいですね。
私も、「子なし 専業主夫」で 苦しんだ時期もありました。

 

まず、子なし専業主夫の過ごし方なんですけどね。
朝から、食事の準備→あさいちを見る→洗濯→株→ブログ→昼飯→昼寝→ジョギング→買い物→夕寝→ブログ→お風呂→夕食 みたいな基本ルーチンがあります。
これ、暇すぎると思う人もいるでしょうけど、かなり楽です。楽しいです。暇ではありません。
最初は孤独感を感じることもありましたが、孤独感などありません。
むしろ、一人で過ごすのが好きなので、精神的にも楽ですよ。
子育てがあったら、もっともっと制限されるのでしょうけどね。育児がない分、本当に楽です。
妻に感謝であります。

この基本ルーチンのオプションとして、たまに外出したり旅行に行ったりするんですけどね、平日に。1人カラオケとか、QBハウスとか、鎌倉散策とか、平日の外出は空いているので本当にいいですよ。
罪悪感がないのか?って言われることもありますが、罪悪感などないです。
株がうまくいかなかったときの反省なりはありますけど、罪悪感なんてものはないです。
むしろ、利益をあげてサラリーマンよりも税金をたくさん納めているときは、優越感すら覚えます。
毎日が楽しいですよ。

この領域に達するまでには少々時間がかかりましたね。
うつっぽくなった時期もありますし、うつ病と診断されたこともありました。
でも、回復しました。苦しい時期もあったけど、慣れてしまった今は楽しい感じがします。
 後は、もう少し順調に利益をあげていければいいですね。

 
たまには、カラオケでも行ってこようかな。
自分では歌いませんけど、絢香 のはじまりのときが好きです。(専業主婦かっ!?)