大阪府警の富田林署から脱走した樋田淳也容疑者が捕まりましたね。
TBSのENGEIで千原兄弟のネタ中にニュース速報が流れましたが、時を同じくして千原兄の方が刑事役のコントをしていた時でした。
まぁ、樋口ではなく樋田淳也容疑者は、黙秘権を行使して黙っているようですが、自転車で日本一周旅行をしている人になって逃走していたのですね。

そして、勝手についてこられたのが、44歳の東浩司さん。まぁ、この方も和歌山県橋本市で自転車を盗んで、占有離脱物横領の容疑で逮捕されたわけですけど、今後どんな展開が待っているのでしょうか。

樋田容疑者は、今も署名や押印を拒否しているらしいですけど、素直に反省したほうがいいと思います。

報道では、こんな感じのことが書かれています。
樋田容疑者の姿をみると、府警の手配写真とは違い、丸坊主で真っ黒に日焼けしていた。青いジャンパー、スニーカーという恰好で所持金はわずか280円だった。

「8月12日に逃げた時、羽曳野市で盗んだスポーツタイプの白い自転車で西へ逃走。愛媛県からは、サイクリングで日本一周をしている男と知り合って行動をともにしていた。道の駅などで寝ていたそうだ。男は樋田容疑者とはまったく気づかなかったと話している。確かに手配写真とは似つかないので無理もない。それにしても自転車で愛媛県や山口県まで逃げていたとは……」

 と府警捜査関係者も驚きを隠せない。

 山口県警は30日、和歌山県内で自転車を乗り去ったという占有離脱物横領の疑いで、 樋田容疑者と同行していた男(44)も逮捕。2人が知り合った経緯を調べているという。
「知り合った」のか「勝手についてきた」のか、微妙なところだと思うのですよね。
愛媛県と広島県の間には、しまなみ海道があって、自転車で走るにはいいところなんですよね。


忍者 PUMP ニンジャポンプ PDW ポートランドデザインワークス 自転車 ツーリング 空気入れ 携帯ポンプ 仏式 ポンプ ロードバイク しまなみ海道
忍者 PUMP ニンジャポンプ PDW ポートランドデザインワークス 自転車 ツーリング 空気入れ 携帯ポンプ 仏式 ポンプ ロードバイク しまなみ海道



周南市の道の駅が有名になった!

うさぎの入れ墨を隠していた樋田淳也容疑者。ソレーネ周南っていう周南市にある道の駅で、捕まらなければ今も逃走を続けていたのでしょうね。
東浩司容疑者の方も、この樋田容疑者が付いてこなければ、今も自転車で旅を続けていたのでしょう。この、東容疑者のコメントは、こんな感じなんですよね。

産経新聞のニュースを引用します。
山口県警によると、男は自転車で日本一周の旅をしており、約3週間前に愛媛県内の道の駅で樋田容疑者と知り合ったという。逃走事件については知っていたが、一緒にいたのが樋田容疑者とは気付かなかったと説明。「1人で旅をしたかったが、勝手についてきた。うっとうしかった」とも供述している。

 樋田容疑者は、逃走直後に大阪府羽曳野市で盗んだロードバイクタイプの自転車で逃走を続けていたとみられる。男は樋田容疑者と野宿をしたり、道の駅を利用したりして一緒に行動。別々に移動することもあったが、事前に待ち合わせ場所を決めて再び合流していた。2人はしまなみ海道を通って愛媛県から山口県へ渡った可能性がある。
大阪の羽曳野のロードバイクの自転車を盗んだ樋田と、和歌山県橋本市で自転車を盗んだ東浩司容疑者と、何か共通する思いもあったのでしょう。
でも、それがまさか樋田淳也とは気が付かなかったのでしょうね。そりゃ、うっとうしいと思うんでしょうな。

それにしても、樋口容疑者のことばかりに注目が集まる中、東容疑者のことが興味深く感じてしまうって、なんなんでしょうかね。
大阪のタワーマンションに住みたいという樋田容疑者は、いつかクラブの経営者になるんだろうか・・・。
樋田容疑者は大阪府松原市出身。地元の市立中を卒業後、府立の工業高校に進学したが中退。2009年にはバイクを盗むなどして有罪判決を受けて服役した。出所後も、バイクでひったくりを繰り返すなどして、14年に懲役刑を受け、再び服役した。

 同じ刑務所に服役した男性らによると、樋田容疑者は読書が趣味で、漫画やサスペンス小説を読みふけっていた。クラブやカフェなどの経営が夢で、「成功して、大阪のタワーマンションに住みたい」と周囲に語っていた。一方で、別の受刑者から食事を奪われるなどのいじめを受けていたこともあるという。

 今年4月に出所。再会した友人男性は「もう悪いことはしない」と、被災地でのボランティアを目指していることを聞かされたが、当時、松山刑務所大井造船作業場(愛媛県今治市)の受刑者が脱走しており、樋田容疑者は笑って、こんな言葉も吐いたという。「脱走とか、楽勝やろ」

住んでみなければ絶対にわからないタワーマンションほんとの話【電子書籍】[ のらえもん ]
住んでみなければ絶対にわからないタワーマンションほんとの話【電子書籍】[ のらえもん ]


44歳無職の東浩司さん、日本一周の旅が途中で終わった。
どんな顔をしているのだろうか。

類は友を呼ぶ。

逃走のカモフラージュするテクニックがすごいね。
東容疑者には、樋田から逃げるテクニックが無かったのか。それとも、実は樋田容疑者であることを知っていて、わざと接近させ、懸賞金が上がるのを待っていたとか・・・。
それだったら、すごすぎるぜ。

占有離脱物横領って、そんなに聞いたことないわ。

仲間だね。
仲間由紀恵は関係ないと思うけどね。

日本一周が好きな人にとっては、東の方にお怒りの様子ですね。
なんとなくわかる気がします。








【2018年10月2日追記】
行動を真似されると、うざいよね。
観音寺市の道の駅で、出会ってしまったのね。出会わなければよかったのにね。
捜査関係者などによると、樋田容疑者は立ち寄った道の駅で「日本一周中で、約3カ月前に和歌山を出発した」と自己紹介していた。自転車に「和歌山発、行くぞ日本一周」と書かれた看板や、和歌山県から近畿、中国、四国の8府県を経由し、山口県まで走破したように示す日本地図のボードを掲げていた。

 同様の看板は樋田容疑者が行動を共にした無職の男(44)の自転車にも積まれていた。男は7月ごろ和歌山県内で放置自転車を盗んだとして、山口県警に逮捕された。盗んだ後、樋田容疑者が掲げたのとほぼ重なるルートで、自転車の旅を続けていた。

 山口県警の調べに男は、約3週間前に愛媛県境に近い香川県観音寺市の道の駅で樋田容疑者に出会ったと説明。その後、「しまなみ海道」を抜けて広島県を通り、山口県に入ったという。樋田容疑者は日中離れていても、野宿場所を確認して合流してきたといい、男は「いろいろと行動をまねされた。勝手についてきて迷惑だった」と話している。