この間、電車の中で赤いヘルプマークのタグを持った女性を見つけました。普通に歩いている姿は不自然でもなかったのですが、彼女はどんな障害を持っているんだろ?って思いました。
ADHDなのかなぁ。
ヘルプマークは東京都内だと都営線の事務所とかで貰えるんでしたっけ?

さて、今日は精神科の病院の通院日でした。
先週、パニック発作が出てしまった関係もあり、一週間前にも受診していたのですが、その時は、代診の先生でした。とてもいい先生でした。

今日はいつもの医師の診察を受け、ここ数日のうつ状態のことやパニックのことをお話しして、久々にうつのお薬を処方されました。
ADHDのコンサータと、睡眠薬のゾルピデムはそのままなんだけど、鬱のお薬を追加となりました。コンサータは27mgでこれまでと同じです。


図解よくわかるADHD 発達障害を考える・心をつなぐ 注意欠陥多動性障害 [ 榊原洋一 ]
図解よくわかるADHD 発達障害を考える・心をつなぐ 注意欠陥多動性障害 [ 榊原洋一 ]

いよいよ障害者手帳の申請へ・・・。横浜市の某区役所に行きましたよ。

鬱状態が続いてることを話して、先生に相談したところ、障害者手帳の申請をすることになりました。なお、「障害者手帳」って書くのがいいのか、「障碍者手帳」って書くのがいいのか、ちょっと悩みますが、一般的な障害者手帳という漢字を使ってみたいと思います。
確か、大学を卒業して最初に就職した会社の同期だった慶応SFC出身のお友達が、「障碍者」という漢字を使って論文を書いていたのですが、ここでは一般的な「障害者」にしてみますね。「障がい者」って言う方がいいのかね?


障害者手帳の申請には、顔写真と医師の診断書が必要になります。
私は記載内容はそんなに気にしていないけど、医師からは「精神障害のある人への自立支援の申請とセットで申請できる」みたいなことを言われました。私も、そのことは知っていたけど、自立支援で診断書を書いてもらい、そして別途障害者手帳のために診断書を書いてもらうことになりました。
しかし、障害者手帳の申請用紙をゲットすることが困難なんですよね。

横浜市の区役所に行こうとして、電話で問い合わせるも、土日は変なところにつながるし、そもそも担当セクションが土日対応していないんですよね。年金課や戸籍課では障害者手帳の申請書類さえも貰うことができません。
仕方なく、平日に区役所に行こうかと考えていたのですが、横浜市のホームページには申請書をダウンロードできるページがありました。
どこからこのページにたどり着けるかわからないような感じのページでした。
なんで、これに気が付かなかったんだろ?って思ったけど、本当にメチャクチャ分かりにくいところにあったんですわ。
区役所のページの中をいくら探しても見当たりませんでした。そこのページから、A3サイズで申請書を印刷して、精神科の先生に渡して書いてもらおうと思ったんですが、ここまでにかなりの時間を要してしまい、土曜日の診察時間のタイムリミット30分前になりました。
せっかく申請書がダウンロードできることが分かったのに、診断書を記入してもらって、それを横浜市の障害者手帳の担当窓口に出すには時間が足りません。
そして、申請書類(診断書の書類)は、エクセルシートでできていて、それをマイクロソフトオフィスの入っていないパソコンで開くために、エクセルビューアーなりグーグルスプレッドシートなりが必要になってきて・・・時間がきちゃいました。

ゆっくりとA3サイズ(今は自宅にはA4サイズしか紙がない)に印刷して、医師に記載してもらおうかな。
パニック発作やうつ状態が続いているので、横浜市役所に申請したら、おそらく認定されるとのことでした。
これから、鬱の薬で症状が改善するのだろうか。
過去には、少し「貧困妄想」と言って、お金がない脅迫概念みたいなの生じているという話もしました。先生曰く、それはADHDなりうつの人の特有の症状だそうです。お金は大事だけど、決してないわけではないんです。でも不安なんです。
ナインティーナインの岡村も、かなりの貧困妄想になったようですね。

それにしても、クソ分かりにくい横浜市のホームページからダウンロードして、次回の診察で医師に記入してもらおうと思います。
横浜市の場合は、区ごとに同じフォーマットを利用しているのでしょうが、もう少し分かりやすくしてほしいと思いました。
これから、障害者手帳を申請して、通過したら、それはそれで人生が変わるのでしょうか。
子どもの頃からADHDという自覚はあったけど(その言葉は知らなかったが)、もう、この障がい者手帳で何かが劇的に変わるとは思っていません。
申請は年内に受理されるのでしょうか。障がい者採用とかの広がりや、NHK受信料とか高速道路料金にもメリットがあるようで、デメリットはそんなに多くない申請のようです。
これから、チェックリストでも見ながら、しっかりと申請していきたいと思います。


「ADHD脳」と上手につき合う本 あなたのあらゆる困った!がなくなる [ 司馬理英子 ]
「ADHD脳」と上手につき合う本 あなたのあらゆる困った!がなくなる [ 司馬理英子 ]




ネットの声を拾ってみます。申請している人は多いのですね。
自立支援医療の申請と、障害者手帳の申請は同時に行うことができるようです。
そうなると、クソ高い診断料が1回で済むってことなのかな。もったいないことをしたなぁ。
なお、自立支援医療の申請では、2500円とか5000円とかで上限が決められているのでそれはそれで安心だと思います。

秦野市は、厚木よりも奥にある神奈川県西部の都市ですけど、いろいろな問題が起きるね。
秦野市って、日産関連の会社が多いような気がします。
この障害者手帳を持つことによるデメリットはいろいろとあると思います。
・パソコンを持ち運ぶことにもなるので、重さが気になる
・世間体とか周囲からの目が気にある。
・医療保険などに入ることができなくなる?

NHKの受信料や携帯電話の基本料金とか高速道路の料金とか、一部安くなるような気がします。
ちゃんろ調べておこうと思います。

日本の医療費も気になってきますね。

やはり、申請は自立支援医療の申請と障碍者手帳の申請をセットにした方がいいですね窓口もその方が楽なのかな。

確かに、診断書を基に行政が判断するという申請フローになっています。
責任のなすり合い見たいのはやめてほしいですわ。


気温は3級なんですよね。
携帯電話代も安くなりそうなので、ちょっと楽しみにしていますわ。