北海道の大地震、大きな被害が出ていますね。
山が崩れたり、建物が倒壊したりする映像を見ると悲しくなるというか、やりきれない気持ちになります。大阪では台風で建物や自動車が吹き飛ばされて、大きな被害が出て、その直後に北海道であの状況ですから、何か自然が私たちに訴えかけているのでしょうか。
被害に遭った方が心配ですが、早く復興できることを願っております。
それにしても、新築住宅を建てて1週間も住んでいない人の家が崩れたという話を聞いて、涙が出ました。


この北海道の地震は、予想していた人はいるのでしょうかね。
新潟とか熊本とか、東日本大震災や阪神大震災もあって、日本列島はどこで地震が起きてもおかしくないエリアです。
静岡県の駿河湾沖や遠州灘沖でも、いつ大地震が来てもおかしくない状況です。
予言者でなくても、日本のどこかの地名を挙げて「どこどこで大きな地震が起きる!」と言っておけば、いつか当たるような気がします。
とりあえず、私も、「北海道とか東北とか北陸とか関東地方とか、さらには静岡県や伊豆、中京エリア、四国の太平洋側、瀬戸内エリア、山陽エリア、山陰エリア、九州の北部や南部、沖縄あたりで大きな地震が来ると思う!」って予想しておけば、いつかは当たると思います。

大地震に備える!!マンションの防災マニュアル改訂版 東日本大震災の教訓から居住者・管理組合の対応を考え [ 千代崎一夫 ]
大地震に備える!!マンションの防災マニュアル改訂版 東日本大震災の教訓から居住者・管理組合の対応を考え [ 千代崎一夫 ]



過去のデータでは、いつ大地震が来るのかわからない?

これまでにも大きな地震が起きてきました。小さな地震もいっぱい発生していますが、そんな過去のデータでは、いつ地震が起こるかなんてわからないのですよね。
多くの地震学者が予想をすることができないように、多くの経済学者が株長者になっていないように、過去のデータがあったとしても、なかなか予想するのは難しいです。
札幌のすすきので楽しんでいた人でも、この日に地震が来ると予想できていれば、自粛していたでしょう・・・。
まぁ、過去の歴史から情報を集めても、人工知能がそれを分析したとしても、予想は難しいということで・・・。


大地震と株式投資 「イベントX」をどう乗り越えるか [ 菊池誠一 ]
大地震と株式投資 「イベントX」をどう乗り越えるか [ 菊池誠一 ]

大きな地震が発生すると株価が急落する可能性が高いです。
実際に札幌証券取引所では、取引ができなくなりました。東証も大きく下げた1週間でした。でも、私は株価が下がっていることさえも気が付きませんでしたよ・・・。忙しくてねぇ。
今後も、時々地震がある可能性が高いけど、適当に利益確定をしておいてリスク分散していたほうがいいですね。
地政学リスクはあったとしても、復興需要もあるので、銘柄を見極めて買いを入れるのは重要なことだと思います。
自動車関連として日産自動車には目をつけていましたが、買い増しはできませんでした。中古車のオークションを手掛ける、オークネットは安いところで仕込みました。少し株価が戻ってきたら、売りたいと思います。
期待としては1430円くらいまで戻してほしいのですが、まぁ、あまり欲張らないようにしたいと思います。




ネット上の声を拾ってみたいと思います。

政権とか関係なしに地震は発生します。
おそらく、蓮舫であっても、地震は起こせません。

北海道民、がんばれ!

熊本の大地震と同じ規模、北海道観測史上最大ですか。
停電も長いし、これからは電力不足も懸念されます。
頑張れ、北海道電力さん!
そう言えば、社会人野球に参入した北海道ガスの野球部は大丈夫かなあ。

任天堂さんもNindendo Directの放送を延期ですか。
なかなか経済的にはダメージが大きいですね。

ずるい人が出てくる人がいっぱいいますね。泥棒には気をつけましょう。
窃盗団には気を付けないといけませんが、デマにも気を付けないといけません。
信じていいのは、セイコーマートのセコマだけです。あ、セコマ風の詐欺師には注意しましょうね。

泊原発は必要だと思います。

プレートがない場所で起きた地震なんですね。
これは、予想できないわ。予言者だったら、予言できたのかね。

液状化の被害が起きていますね。
冬だったら、避難生活も大変だったでしょうけど、これから寒くなるので避難地生活も心配です。

電気自動車の活躍はすごいですね。
蓄電池の重要性を感じます。電力不足は蓄電池でカバーできると思うのですが、そもそも蓄電池は少ないですからね。
EVが普及するといいですね。

死者数も増加していきそうです。ご冥福をお祈り申し上げます。
がんばろう、北海道!


【新品】【本】次に備えておくべき「噴火」と「大地震」の危険地図 緊急図解 木村政昭/著
【新品】【本】次に備えておくべき「噴火」と「大地震」の危険地図 緊急図解 木村政昭/著