高校野球が盛り上がりましたね!
金足農業の頑張りが目立った大会でした。2018年の野球は、高校野球も社会人野球も盛り上がりましたね。観客数もとても多かったようです。

甲子園の決勝戦は、残念ながら仕事をしていたのでテレビでも見れなかったのですが、大阪桐蔭が強かったですね。
金足農業の吉田投手、お疲れさまでした。
これから、プロ野球か大学野球か社会人野球で見たいですが、高卒でプロ入りが濃厚のような気がします。プロのスカウトも期待していることでしょう。
しばごとしましては、秋田県に活動拠点のあるTDKに入社して都市対抗野球で投げてもらいたいところではありますが。
TDKの内定をもらってプロ指名があれば辞退みたいな形になるのかな・・・。
なんて、勝手な予想はどうでもいいとして、金足農の野球部の3年生で唯一ベンチ入りできなかった選手がいたそうです。
川和田優斗(かわわだひろと)くんは10人いる3年生の中で一人だけ、ベンチ入りすることなく、ボールボーイとして試合を見ていました。いや、ボールボーイの仕事をしていました。
大きな声で応援することもできずに、ストレスも溜まるかもしれないし、悔しさもあったかもしれません。
多少、声が出たり喜びを表現することも自然なことだとは思いますけど、それでも高野連のおっさんに注意されたりしたくないですからね。


【祝・金足農業甲子園準Vセール!10%OFFクーポン発行中!】【送料無料!】エビオス錠 2000錠×3個【アサヒフードアンドヘルスケア】【医薬部外品】
【祝・金足農業甲子園準Vセール!10%OFFクーポン発行中!】【送料無料!】エビオス錠 2000錠×3個【アサヒフードアンドヘルスケア】【医薬部外品】


価値のあるボールボーイの仕事。お疲れ様、川和田優斗くん!

朝日新聞の記事を一部引用しますね。
金足農の野球部員3年生は10人。9人はグラウンドでプレーし続けた。なのに、川和田優斗(かわわだ・ひろと)はただ一人、背番号をもらえなかった。

 秋田大会は「20」をつけた。甲子園に来てからの練習で、ベンチを外れることを知った。「みんなの前で泣きたくなかった」。その場はこらえ、コーチの前で大泣きした。

 投手として入学したが、1年秋にひじに死球を受けて外野手に転向。守備が苦手だった。野球ではほかの9人と差があることを自覚している分、練習では道具の準備や片付けを率先してやった。

 練習後はたまに、農場当番の高橋に誘われて、鶏や豚の世話をした。冬は雪でつぶれそうなビニールハウスの雪下ろしをみんなでやった。いつも一緒にいた仲間とのけ反りながら校歌を歌いたかったが、今回は許されなかった。
なかなか立派なことだと思います。
同級生なのに、憧れの存在だったとも語っていて、ちょっと感動しました。
デッドボールで投手から外野手に転向して、慣れない守備は苦手だったのですね。それでも、道具の準備とか片づけとかを率先するなんて、偉いわ。
しばごも高校の時は、スポーツをしていましたが、やはり支えてくれる裏方さんがいることの重要性は痛いほどわかります。
甲子園で大阪に来てから、ベンチ入りできないことを知るって、高校生ながらショックがあったでしょうし、家族も残念に思えたかもしれません。
でも、ご両親は、息子のボールボーイの動きをみて、本当にうれしかったと思う。ベンチにいたら、試合中は姿が見えにくいかもしれませんからね。

そして、最後は甲子園の土を集めていた川和田君。ともて幸せなことだったと思います。
甲子園の球児が試合後に土を集めやすいように阪神園芸さんがトンボで土を集めてくれるそうですね。なお、柴犬まるも甲子園の土を選手のために集める仕事をしたいみたいですよ。


10人目の選手として、記憶に残りました!
おつかれさま、かわわだくん!

それにしても、選手交代が少ないチーム、すごいなぁ。
控えのメンバーも見てみたかったけどね。

2年生は新チームでは、甲子園の経験がないけど、どうなんだろうか。
秋の大会はプレッシャーがかかるかもしれませんね。

金足農、素晴らしいチームだった!