佐賀と言えば、佐賀北高校とか佐賀商業のイメージがあります。甲子園の季節ですからね。
それ以外の佐賀と言えば、呼子のイカとか唐津の焼き物とか、佐賀大学とか?まぁ、地味な県ですよねぇ、佐賀県って。
佐賀県鳥栖市にある九州国際重粒子線がん治療センターのことを「サガハイマット」と呼びます。
2018年7月21日に一般公開され、がんの重粒子線治療が行われ、がん患者の命を救う施設になるでしょう。
癌関連の施設と言えば、先進治療が行われている神奈川県がんセンターのトラブルを思い出さずにいられませんけど、このサガハイマットは大丈夫でしょうねぇ。

この佐賀のサガハイマットは、前立腺がんと頭頚部のがんなどに公的医療保険が適用されたことから、患者が急増しているそうです。
そして、治療実績もどんどん積み重ねていくことになるのでしょう。
一般公開された日、全国から300人の見学者が訪れたようです。


西日本新聞の記事によると、このようなことが書かれていました。
サガハイマットは九州初の重粒子線によるがん治療施設。2013年5月に開設し、これまで2700人を超す患者が治療を受けている。昨年は645人を治療し、全国14の粒子線治療施設で最多となった。前立腺のほか、肝臓や肺、膵臓(すいぞう)、咽頭や甲状腺などの頭頸部、骨や筋肉・脂肪などの骨軟部の腫瘍やがんの治療にあたっている。
ほほう、九州初の重粒子線のがん治療施設なんですね。九州大学とか熊本大学の先生もいるんですかね。2013年に開設して、こてまでに2700人以上の患者さんが治療を受けているって、大きな規模ですねぇ。
重粒子線治療と言うと、すぐに高額医療費を思い浮かべてしまいます。保険の特約にも書かれているんですが、実際に必要にならないとそんなことはすぐに忘れてしまいます。
前立腺がんとか肝臓がん、肺がんやすい臓がんにも治療実績が多そうですし、骨肉腫とか骨や筋肉のがんにも有効だとか。
そうなると、動かない部分には有効ってことですかね。ピンポイントで当てるんですよね、重粒子とやらを。
だから、胃がんにはあまり治療実績がないのかもしれません。
医者じゃないので、詳しいことは分かりません。


重粒子線治療・陽子線治療 完全ガイドブック【電子書籍】[ 研友企画出版 出版企画部 ]
重粒子線治療・陽子線治療 完全ガイドブック【電子書籍】[ 研友企画出版 出版企画部 ]
放射線治療の専門家も5人いるそうです

サガハイマットには専門の放射線治療科の医師が5人いて、さらに増強して6人にしたとの記事もありました。2018年3月からは次世代型3次元スキャニング照射装置を導入し、多くの治療実績があるらしいです。
専門医が、ずっとこのサガハイマットで治療をしてくれればいいけど、報酬が云々とか治療方針が云々とかで、このサガハイマットを去らないことを願っております。

サガハイマットの先端医療で保険が変わる?

重粒子線の先端医療となると、がん保険が適用されるのか気にする人も多いでしょう。
せっかくがん保険に入ったあとに癌が発見されれば、この治療法を試してみたくなるんでしょうけど、そうはうまくいかないでしょう。
癌治療の基本医療は、外科的手術・放射線治療・抗がん剤の化学療法ですから、それで事足りれば、重粒子線は使いませんよね。
なお、念とか祈りとかは、がんの治療法には適していません。ましてや、放置してはいけないと思います、がんは。
手術で取り除くことができないような部位に癌ができていると、放射線や重粒子線治療が必要になると思います。陽子線の12倍の重さのある重粒子は、がんを破壊するパワーが高く、照射回数が少なくて済むのがメリットです。
将来的には、陽子線治療よりも重粒子線治療が主流になると思いますが、単純に1回あたりのコストが減ってくると、治療方法にも変化が出てくるでしょう。

翁長県知事の膵臓癌も早期発見で効果が高いらしい

すい臓がんは怖い癌の一つです。自覚症状が少なく、気が付いた時にはステージ4みたいなケースもあるでしょう。
沖縄県の翁長県知事も、かなり進行が早かったと思います。
細胞内の酸素が少ない膵臓は、がん細胞が悪性腫瘍となりやすいのですが、そんな場所でも重粒子線治療は有効です。
これからは重粒子線で助かる命も多くなるでしょうね。

全国の粒子線治療施設で連携して統一のプロトコル(治療実施計画)に基づいて臨床を行っている。11月10、11日には佐賀市で粒子線治療の国際シンポジウムがあり、世界の研究者が訪れる。そこでアピールできるような重粒子線治療の科学的なエビデンス(証拠)を積み重ねて、国民のためになることがサガハイマットの使命だと思っている。



国の医療費負担がどんどん増加して医療制度改革は早急に必要になるかもしれませんが。
そして、高齢者が増えて、ますます高齢化社会が進み・・・って、ちょっと怖いような気もしますがね。
どうやって死ぬのがいいのか、ちょっと考えてみたいと思います。


私も見学したかったなぁ。
かなり立派な施設なんですね。
佐賀ハイマットじゃなくて、サガハイマットって言うところに、ちょっとしたセンスを感じます。

全国には14か所の粒子線治療施設があります。
そのトップが佐賀にあるっていうことがちょっと凄いね。
九州の乳がん患者や乳腺がん患者の命も救われますね。乳がん患者だけじゃないけど。

鳥栖と言えば、サガン鳥栖だ!
忘れていた。