水の事故や、電車に飛び込んじゃうとか、いろんなことが起きますが、交通事故も多いですねぇ。
8月5日の午後9時45分ごろに、東京都板橋区東坂下の環状8号線の路上で、悲しい事故が起きました。埼玉県川越市的場に住んでいた2歳の男の子が大型バイクにはねられて、病院に搬送されるも死亡してしまったようです。

この事故で警視庁志村署は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の容疑で東京都北区赤羽の自営業、小谷哲也容疑者を現行犯逮捕したようです。赤羽と言えば、DNPの工場があったり、カルビーの工場があったりする付近ですね。
赤羽はディープな飲み屋街でも知られている街です。
でも、こんな大型バイクと2歳児がぶつかったら、死んでしまいますよねぇ。


【★送料無料★】バイクカバー 大型バイク 輸入 大型 バイク 大型 スクーターに最適 !特注 オリジナル 保管 管理 耐久性に 優れた 一品 コンパクト 収納 カッコいい 防水 防塵 UVカット 処理加工 前後留めゴム付 専用収納袋付(黒 ブラック)人気 母の日
【★送料無料★】バイクカバー 大型バイク 輸入 大型 バイク 大型 スクーターに最適 !特注 オリジナル 保管 管理 耐久性に 優れた 一品 コンパクト 収納 カッコいい 防水 防塵 UVカット 処理加工 前後留めゴム付 専用収納袋付(黒 ブラック)人気 母の日


両親の責任が大きいと思う。

事故の状況は、片側2車線の直線道路を走行中の小谷哲也さんのバイクに、クソガキが飛び込んできたような感じなんですよね。板橋区内で行われていた花火を見て、テンションが上がったガキが食事をして駐車場に向かう途中での事故だったようです。
2歳の男の子だったら、前後左右を見ないで道路に飛び込むなんてことは、容易に考えられます。だから、親は目や手を放してはいけないのです。
もし、親がちゃんと男児を掴んでいたら、大型バイクと接触していなかったでしょう。
でも、今の法律では、大型バイクの方が悪くなってしまい、小谷哲也さんが加害者となり逮捕されてしまいます。
小谷哲也さんは反省しているとは思いますが、でも、親に対して怒りの感情もあるかもしれません。
「何をガキの手を放しているんだよ!」とか「バイクの前に急に飛び出てくるなよ!」って思っているかもしれません。

なんか切ない気持ちになりました。

ホタル帰る 特攻隊員と母トメと娘礼子 (草思社文庫) [ 赤羽礼子 ]
ホタル帰る 特攻隊員と母トメと娘礼子 (草思社文庫) [ 赤羽礼子 ]


49歳の自営業。小谷哲也さんもかわいそうです。
クソガキのせいで人生が変わっちゃうよ。
東京都北区は、王子の飛鳥山公園もありますね。

板橋区でいたばし花火大会がありましたね。現場は板橋区東坂下の環八ですね。