先日、横浜市に自立支援医療制度の申請手続きをしました。
申請書を書いて、非課税証明書を発行してもらって、医師に診断書を書いてもらって、ちょっと面倒な手続きを経て、受理されました。
受理されたことを証明する書類が送られてきましたので、それをもって診察を受けたら、1割負担になりました。
前年までの所得が少なくて納税額が少ないと、1か月に払う医療費の上限があります。
私の場合は、来年はわからないけど、今年に関しては年収が少なかったので、とても助かる制度です。

診療費は1500円くらいだったものが500円くらいになりました。
それよりも、薬局で支払うストラテラの薬代が1割負担になるのがでかいです。今回からコンサータを処方されましたけど、このコンサータもストラテラもとても高額な薬なんですわ。
ジェネリック医薬品が出ていないこともあり、1か月で8000円以上します(3割負担の場合)。
でも、それが1割負担になるので良かったです。


ADHD注意欠陥・多動性障害の本 じょうずなつきあい方がわかる (セレクトbooks) [ 司馬理英子 ]
ADHD注意欠陥・多動性障害の本 じょうずなつきあい方がわかる (セレクトbooks) [ 司馬理英子 ]

医者が1割負担、薬局は一応3割負担でした。


まだ自立支援医療受給者証が届いていないという理由なのか、それにより上限がどれになるのかが決まっていないという理由なのかはわかりませんけど、薬局での支払いは、とりあえず今回は3割負担でした。差額分は、後日区役所から返金になるらしいです。
なかなか手続きが面倒なんですよね。
薬局や病院の方も、レセプトの処理がめんどくさいのかな?
保険証を使っているのに、一部公費での負担となるので、少しめんどくさいはずです。

診断書は5000円だったけど、自己負担が少なくなるので、とてもいい制度だと思います。知らないと損するタイプの医療制度ですが、精神科もちゃんと案内しないんですね。
もう少し早く申請すればよかった・・・。

マンガでわかる 大人のADHDコントロールガイド【電子書籍】[ 福西勇夫 ]
マンガでわかる 大人のADHDコントロールガイド【電子書籍】[ 福西勇夫 ]





多くの人が自立支援医療制度を使っているらしい。
障害者手帳と自立支援医療制度を同時に申請することもできます。
しかし、私は今回は自立支援医療制度のみです。
障害者手帳の方は、診断されてから6か月後からなのです。

障害者手帳も時期が来たら申請しようと思います。

有効期間は1年間で、診断書は2年に一度必要なんですね。
更新の手続きを忘れないようにしないとね。

受給者証はクリニックに届くの?私は自宅に届きましたけどね。
差額は返金されるんですね。

ADHDの人だと、申請するのも一苦労なんです。
私も、少し苦労しました。
申請の書類って、面倒だしね。

宣伝とかPRはあまりしていないですね。
インターネットで調べるしかないですね。でも、横浜市のホームページはあまりわかりやすくないんですわ。

横浜市の場合は、2か月くらいかかりそうな感じです。

手帳のために診断書を用意しなければいけないな。
その頃は、涼しくなっている季節かな。




あなたのあらゆる「困った!」がなくなる 「ADHD脳」と上手につき合う本(大和出版)【電子書籍】[ 司馬理英子 ]
あなたのあらゆる「困った!」がなくなる 「ADHD脳」と上手につき合う本(大和出版)【電子書籍】[ 司馬理英子 ]