もうすぐ夏の甲子園が始まりますね。2018年の高校野球の頂点はどの学校かな?
奈良大付属VS天理の決勝戦は、9回にもつれましたね。
星稜は、めちゃくちゃ強そうですね。なんかわくわくしますわ。

2018年は第100回の記念大会。その中で注目選手を一人上げるとしたら、常葉大菊川の漢人友也投手(3年)を挙げたいと思います。
長身で細身のピッチャーですが、かなりいいストレートを投げます。
MAX143キロくらいだそうですが、まだまだ伸びそうですね。
静岡県出身の漢人と言うと、水泳でオリンピックに出場した漢人陽子(浜松商~早稲田大)を思い浮かべますが、親戚かなぁ・・・なんて思ってしまいました。
まさか、漢人陽子の息子ではないですよね。年齢的には、ちょっと違うか。

さて、その漢人友也投手。右投げ左打ちのちょっとイケメンです。





夏の甲子園全試合記録BOOK 高校野球100回のメモリー (M.B.MOOK)
夏の甲子園全試合記録BOOK 高校野球100回のメモリー (M.B.MOOK)




常葉大菊川っていうよりも、どうしても常葉菊川って言うほうがしっくりくるんですが、まぁ高校名ですからね。
スタミナもありそうで、これから下半身を鍛えていけばもっといい球を投げそうな予感がします。
高卒でプロ入りするような雰囲気はないけど、大学とか社会人(ヤマハか?)で鍛えると、数年後には面白いピッチャーになりそうな予感です。


常葉大学附属(常葉・橘・菊川)高等学校(30年春受験用) (静岡県私立高等学校入学試験問題集)
常葉大学附属(常葉・橘・菊川)高等学校(30年春受験用) (静岡県私立高等学校入学試験問題集)


スポーツ報知には、静岡大会の決勝戦の様子が記事になっていました。
9回2死満塁でサヨナラ打を放った東虎之介は「夜のスポーツニュースを見て、やっと実感が湧いてきました」と笑顔。4試合ぶりの安打で最終回の攻撃をつないだ神谷亮良(ともに3年)は、2年前の甲子園メンバーで高校通算48本塁打の栗原健さん(亜大2年)に連絡。1年時に寮で同室となって以来、打撃面でアドバイスを受けており、「おめでとう、とメールをもらいました」と喜んだ。

 さっそく「復習」したのは154球で完投したエース・漢人友也(3年)だ。録画していた決勝を夜のうちに見直して、ピッチングの反省点を洗い出したという。また189球を投げた島田商の2年生右腕・小林史弥には「ナイスピッチング」とメールで激励。「自分も去年の夏、全部1人で投げたので苦しさはよく分かる。体調に気をつけて、センバツに行けるよう頑張ってほしい」と気遣った。
決勝戦は島田商業との試合でした。接戦の好ゲームでしたが、島商の小林史弥投手にメールする男前さもいいですね。
島商も惜しかったけど、甲子園で常葉菊川いや常葉大菊川の漢人投手のピッチングが全国の高校野球ファンを楽しませてくれることを願っております。
2018年の常葉大菊川、優勝候補でもないし優勝するなんていう予想はしませんけど、楽しみなチームです。


漢人投手は、桜ケ丘中学の出身ですね。

静岡大会、今年は面白かった。
ベスト4は、掛川西、常葉大菊川、浜松城北工業、島田商業でした。

浜松城北工業が飛躍した2018年の夏。印象に残る夏でした。

そこそこやるか、そこまでやるか パナソニック専務から高校野球監督になった男のリーダー論 [ 鍛治舍 巧 ]
そこそこやるか、そこまでやるか パナソニック専務から高校野球監督になった男のリーダー論 [ 鍛治舍 巧 ]


印象に残る常葉菊川の試合は、これ。