猛烈の寒さの中、神宮球場に全日本大学野球選手権大会を見てきました。
内野席ではなく、応援席(入場料500円)のところで、グラウンドに近いところから観戦しました。
選手の息遣いが聞こえてきて、とても楽しかったです。
徳山大学とか宮崎産業経営大学が頑張った今大会、ベスト4が出そろい、準決勝の2試合を見てきました。
東北福祉大VS慶應義塾大学、国際武道大学VS九州産業大学です。

慶応さんには負けてほしいと思っていたんですが、見事に東北福祉大が勝ちました!チアガールさんもかわいかったし、久しぶりに決勝ですね。頑張ってほしいです。


tohoku1

東北福祉大の監督は、西武ライオンズにいた大塚光二さんです。礼儀正しく、いいチームを作っている感じがしました。
ダイヤモンドに入るときの一例がいいですね。選手からの信頼感もありそうでした。


tohoku2

注目の四股踏み打法の一番センター吉田くん。国士舘高校出身の選手でしたっけ。かなりいい選手です。人気も出そうな感じなので、プロに行ってほしいですね。


東北福祉大学(2018) (大学入試シリーズ)
東北福祉大学(2018) (大学入試シリーズ)



慶応打線を継投で封じた東北福祉大投手陣

先発は、山野投手でした。藤川、三浦、津森と繋いで、見事に慶應義塾打線を封じました。
3回には、ノーヒットでバント処理をミスして3点を献上したけど、ホームラン攻勢で見事な勝利でした。

tohoku3


いいピッチャーがたくさんいるんですね、東北福祉大。
津森投手のロングリリーフ、見事でした。サイドスローからのストレートは威力が十分でした。

疲れているとは思いますが、決勝でも登板するのかな。
ブルペンでも「いつも通り!」と気合を入れていました。

本格派のサイドスローって感じがしましたね。

なお、この試合でも、慶応贔屓の判定がいっぱいあったような気がしました。アンパイアはわざとではないと思うけど、なんとなく東京六大学が有利なような感じがしてしまうのは仕方ないですね。ハーフスイングも、ストライクボールの判定も、盗塁のジャッジも、東北福祉大に不利なのが多かったような印象を受けました。

tohoku5





2試合目は、国際武道大学VS九州産業大学

budai1
国際武道大学は、昨年も見ましたけど、応援がユニークで面白いですね。
選手たちも楽しく厳しく野球をやっているような気がします。とてもいいチームです。
横浜高校の選手もいるし、東海大学系列の大学だけに、東海大学の付属高校出身の選手も多いです。先発の平川投手は東海大浦安のピッチャーですね。
安定感のあるピッチャーです。


budai2

試合前のノックのあと、九州産業大学のノッカーとキャッチャーは丁寧に整備していました。こんなところが素晴らしいと思いました。
礼儀は大事です。

タジパイネ田尻さん。応援が素敵ですね。

budai3


人気者のタジパイネさん。

かなり有名人です。とても楽しいけど、タジパイネさんを見ていると試合の行方が分からなくなります。
スタンドも一体となった応援を率いていました。
ネットでも話題ですね。
ユーチューブにも動画がいっぱいアップされています。


budai4

面白い応援ボードもあり、カツオのメガホンもあり、選手を鼓舞します。チアガールやブラバンはいないけど、大学野球らしい応援です。




budai5

試合の方は、1点を争う好ゲーム。平川投手の力投が続きます。
九州産業大もいいチームで、両方勝たせたい気持ちになってきました。
なお、九州産業大のチアガールとブラスバンドも素晴らしい応援でした。


budai6

武大、優勝するために一生懸命戦っています。クロスプレー!セーフ!


budai7

タイブレークを制した国際武道大学。
決勝は、東北福祉大VS国際武道大のカードとなりました。

budai9

ナイスゲームでした。国際武道大の選手たち、頑張ってくださいね。


budai8

この応援を見に行くか、都市対抗野球予選の抽選会を見に行くか迷うところですが、都市対抗野球の抽選を見に行こうと思います。

大学野球って楽しい。

タイブレークは、ノーアウト1,2塁からでした。
私は、1アウト満塁からのやつが好きだな。
平川裕太投手、10回を投げぬきました。

優勝予想は富士大学だと思っていたんですけどね。

いろいろなボードがあります。もっともっと!もっともっと!

えいとーえいとー、磯網えいとー!

プロ入りするかな、平川投手。





国際武道大学・櫻井コーチのハードリングドリル〜初心者から上級者まで対応できるルーティーン集〜[陸上 946-S 全1巻]
国際武道大学・櫻井コーチのハードリングドリル〜初心者から上級者まで対応できるルーティーン集〜[陸上 946-S 全1巻]